プロフィール

さかした/ふぁぶ

Author:さかした/ふぁぶ
現在、隠居気味の鳥の人。
日々ゆるく過ごしている。

野球、競馬、散歩、旅、食べ物のことばかり考えている。
読書が好きだけど日記にはほとんど出てこない。
鳥さまを溺愛。動物大好き。
長らく吸ってたタバコはやめ、酒は控え気味。
自転車、楽しい。
ぼちぼちと写真撮ってます。


*コメントはスパムと宣伝防止で承認制にしてますが書いていただけたらとてもうれしいす(TBも承認制です)
*画像と文章の無断使用・コピー等は当然禁止だ。


地味に更新中、【ほぼ新東京百景】。
概要とINDEXは⇒ こちら

日記とわたしについては⇒ こちら

よかったらぽちっと。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Tag

巣鴨  東京タワー 脳梗塞日記 バファローズ 中山競馬場 赤羽 浜松町 東京競馬場 京都 上野 スワローズ モカソフト 餃子 大塚 紫陽花 ペコちゃん 大宮 神宮 東京ドーム ぬこさん 上野動物園 氷川神社 長野 池袋 タイ料理 金沢 スノーシューイング 神戸花鳥園 仙台市 酉の市 ほっともっとフィールド神戸   三宮 中山グランドジャンプ ファイターズ ベイスターズ 中山大障害 水道橋 カープ 芝大神宮 Bar ランチ 増上寺 善光寺 読書メモ インド料理 串揚げ 塩釜市 東京ジャンプステークス ジャイアンツ カレー 忘年会  ポピー 日本シリーズ ホークス 小諸 榛名神社 大鳥神社 高崎市 懐古園 ハマスタ マリーンズ 府中 中華料理 大内宿 川越 銀座 花粉症 金木犀 ケーキ 京セラドーム 福島競馬場 都市対抗野球 たこ焼き 西巣鴨 ドーナツ 宮城 みかん氷  温泉 大阪 宝塚 イーグルス 神社 ごはん 馬鹿祭り 盆踊り ライオン 阿武隈急行 パリーグ 新宿 ライオンズ 哲学堂公園 ジンギスカン 牡蠣 百日紅 伊根町 東芝 天橋立 かき氷 神須牟地神社 仙台 バス  立ち呑み  アサヒビール園 明石  江戸五色不動 ドラゴンズ CS 横浜 日暈 高田馬場 新幹線 瀧泉寺 ことりカフェ 目黒区 スカイツリー 田町 半田屋 洋食屋 鶏の唐揚げ 結婚式 大手町 名古屋 東京駅 青山 リハビリライド 有楽町 奈良 湯たんぽ 日光 中華街 瑞鳳殿 スルッとKANSAI モロニ展 大崎八幡宮 枝豆 志波彦神社鹽竈神社 鬼平 散髪 メガネ ブレービー ハンバーガー 祭り 洗濯機 都市対抗野球大会 梅田 王子 稲荷町  滝野川 中華 亀の子束子 下谷神社 山手線 丸の内 写真 東京ハイジャンプ 柴田大知 キャマタ 北戸田 会津鉄道 週刊プロレス カープ鳥  目黒 小松聖 掛川花鳥園  夕焼け 宇都宮 恵比寿 韓国料理 新大阪 猿田彦大神庚申堂 鶏専門店 伊勢神宮 東京大仏 コメダ珈琲 国道17号 鹿 ブルーインパルス 東京ドームシティ 武井神社 神保町 香林坊 あいぽん 中野 アポロマーベリック 南禅寺 縁切榎 躑躅 寿司 築地 おにぎりアクション2016  石巻 広島 一の酉 赤羽八幡神社 オカメインコ 岡駅 二の酉 川崎 出雲大社 梔子 指扇 長岡天満宮 西本聖 七夕 とうもろこし カルディ 指扇氷川神社 西勇輝 水絆創膏 新東京正義乃士 赤坂見附 高速バス 豊川稲荷 筋肉少女帯 エビスコ酒場 汐留 香水 歌舞伎町 ぐりとぐら 目赤不動 イエローフォール 四十九日法要 本駒込 一畑電車 花粉 玉川上水 浜町 品川 新中野 海野宿 ばんてふ 水天宮 人形町 ズムスタ 出雲 酒場 東京ドームホテル 三回忌 日本橋 台湾料理 裏磐梯スキー場 後楽園ホール 左沢 こぶし 上山 五色沼 山形 恋チュン 戸倉 日御碕灯台 羽田空港 イタリアン 花水木 18きっぷ 六大学 ぜんざい 灯台躑躅 うに丼 たまご焼き 夏休み カレーうどん グリーンカレー おたま ガスカートリッジ ハンドクリーム 食堂 3回忌 河津桜 御徒町 DDT 出雲市駅 マエケン体操  金杉橋  スラィリー 六文銭 竹芝桟橋 日御碕神社 豚カルビクッパ アンパンマン列車 北前船の里資料館 マルゲリータ 日比谷公園 うどん 住吉大社 新橋 ドラえもん 缶詰 読書 藤子・F・不二雄 加賀温泉 東京優駿 橋立 鹿島神宮  流鏑馬 カメラ 風邪 とんかつ 雪の科学館 尼御前岬 西瓜 たこせん 山陽電車 三光神社 真田幸村 長田神社 須磨寺 お初天神 大沼 大阪駅 巳さん 湊川神社  北浜 天神橋筋六丁目 日暮里 味噌カツ 建築 大阪ガス ヤマハ アオイ科 辰野金吾 塚原卜伝 長町武家屋敷跡 ホルモン チーズケーキ 新長田 鉄人28号 ハーバーランド 雨天中止 大久保 おでん 親分 砺波 ブレーブス 仮面ライダー 白浜雄造 8月 スプリングゲント 東京大衆歌謡楽団 空堀商店街 ロック座 ソフトシェル ぬこ殿 浅草 北陸フリー乗車券 梅雨 やきう 石川四高記念文化交流館 岡山 焼き鳥 雨宝院 宇都宮城 にし茶屋街 震災 二荒山神社 片町 王将 吉原寛人 焼肉 JBC 金沢競馬場 御神本訓史 松月院 成人の日 浜中俊 フーターズ 上田 マリンフィールド 楽天Koboスタジアム宮城 ずんだ茶寮 槻木駅 白石 白石城 亀戸天神社 江東区 ドラフト2016 深山神社 三浦大輔 北向観音 千代田区 ポニー 別所温泉 くるり ビル 銭湯 亀戸香取神社 新宿区 本郷 徳川慶喜 板橋 WBC2017 元浅草 フリージア 椿 駒込 ウィスット・ボンニミット 六本木 東池袋 東京六大学選抜 明治神宮外苑 聖の青春 文京区 湯島 湯島天満宮 ヤギ 東板橋公園こども動物園 宝塚歌劇団 四条 五条 法要 細見美術館 蹴上インクライン 京都市美術館 平安神宮 舟屋 インフルエンザ 観光船 京都丹後鉄道 JR 智恩寺 元伊勢籠神社 傘松公園 真名井神社 水路閣 八坂神社御旅所 誘導馬 フチ子さん 夏越の大祓 花火大会 天空のビアガーデンTerrasse 王子新道 東京第二陸軍造兵廠板橋製造所 五木食品 江古田 明石市立天文科学館 錦市場 錦天満宮 明石海峡大橋 ネルサイユ宮殿 給水塔 新青梅街道 ナガミヒナゲシ ハナミズキ 西太子堂 鳩森八幡神社 千駄ヶ谷 太子堂八幡神社 中野ブロードウェイ 高岩寺 子育神社 ミャンマー料理 三の酉 セキセイインコ はいからさんが通る さいたま新都心 まるまつ 神明神社 代々木公園 大江戸和宴 回転寿司 大勧進 大本願 金沢中央味食街 金沢新天地商店街 石川近代文学館 金沢21世紀美術館 ひゃくまんさん 大門 日の出  兼六園 主計町茶屋街 すがも鴨台観音堂 マジンガーZ 練馬 さざえ堂 チロルチョコ 東山ひがし茶屋街 尾山神社 小和田アキ子 目黒不動尊 花と緑の散歩道 中浦和 武蔵浦和 マムアンちゃん ノウゼンカズラ 正岡子規 子規庵 小野照崎神社 渋谷 板橋宿 アップルパイ 蕎麦 旧古河庭園 チキン南蛮 若鳥の炭火焼き フレンチトースト ステーキ 下谷 入谷 喜多院 中院 フォー 川越氷川神社 おにぎりアクション2017 石ノ森萬画館 蔵造りの町並み ベトナム料理 乗蓮寺 東京ソラマチ 東京スカイツリー 根岸 見上げるビアガーデン 稲荷神社 板橋区 自転車 御茶ノ水 狛犬 芋煮汁 恵比寿ガーデンプレイス 昼呑み 久保田貴士厩舎 駅弁 宮島水族館 道の駅ゆめランド布野 夜行バス 天神橋筋商店街 皆既月食 曼珠沙華 お彼岸 ロイズ 大正 練習 大阪天満宮 ブライアント 宮島 厳島神社 オオハシ 茶漉し  インコ 東北道 塔のへつり チーズドック 那須高原SA 妖怪ウォッチ 御守 クリスマス あなごめし 揚げもみじ 水炊き 文學界 宮尾登美子 又吉直樹 ウルトラセブン  春日大社 神戸空港 お遣い 興福寺 王寺 ビール 雪丸 達磨寺 お盆 おみくじ  京都競馬場 戦場ヶ原  カープ女子 夏の陣 茅の輪 甲子園 高校野球 稲葉篤紀 外宮 内宮 野毛 ポタリング ずんだもち 猿田彦大神 姫路おでん 姫路城 大丸 心斎橋 難波 551 三ノ宮 賀茂神社 室津 スノーシュー 櫻木姫 うちっかわ 森本稀哲 長靴 白雲社 魚の棚商店街 弁当箱 明石公園 明石城 虎ノ門 KITTE 明石焼き 西宮神社 西宮 NTT西日本 大森海岸 黒ラベルビアガーデン しながわ水族館 富士S 菊花賞 瑞鳳寺 コボスタ宮城 仙台育英高校 宮城縣護國神社 仙台城跡 ブラックサンダー 櫻岡大神宮 本塩釜 御釜神社 宮城県 とり野菜みそ プリッツ 東北新幹線 仙石線 志波彦神社 鹽竈神社 ライナ JR宝塚線 ペンギン バードショー ふくろう パンケーキ 元町 館林  南京町 弥五島温泉 湯野上温泉駅 ねぎそば  高倉神社 栃餅 かえる 大内ダム ポン酒  仲宿商店街 花のみち 富士山 東京 ロッテリア 宝塚大劇場 阪急宝塚線 手塚治虫記念館 朝顔市 東京ジャンプS 旧中山道 豆乳 日本ダービー 本郷三丁目 春日通り 後楽園 西武線 滝野すずらん丘陵公園 

2011年青春18きっぷの旅 その1(はぢめての出雲大社)

時系列無視の記事を。
いつまで寝かしていたんだと自分を責めております( ;谷)
言い訳しちゃうとこの頃とてもじゃないけどうpする気力なんて1㎜もないくらいgdgdになっていて毎日仕事辞めようかどうしようか悩んでたのですよね…。
結局辞めちゃったけど。いいように使われて何のメリットもなかったからねぇ。
そんなクソみたいな職場に正式採用された直後の話。


8月23日。
夏休みは好きな時に取っていいと言われたのでお盆外して18きっぷで回った。
定時までいるつもりで仕事してたけどめんどくさくなっててきとーな理由付けて早退して買い物して帰宅。
んで、最終パッキングして夕方に自宅を出た。
ここではきっぷは使わず、夜行バスで出雲に行く。

出発地点の新宿で夕飯食べてバスのチェックイン済ませて時間までてきとーに時間潰し。
トイレで歯を磨いたりさ。
ここで最初の悲劇。
トイレに携帯落としちゃったんだよね…(;つД`)
電源入るうちに家長にメールしてダメになったら向こうのショップに行こうと決めて。
家長にメールした後、電源入らなくなりました(号泣
バス乗る前も乗った後もずっと拭いてましたわ…。

2番目の悲劇。
消灯時間が来て寝たんだけど(バスで直ぐ寝られるのです)、隣のギャルがすごく寝相が悪くて何度も蹴飛ばされて起きるというね(メラ
ただでさえあまりお行儀よくなくてちょっとなぁと思ってただけに首絞めてやりt(
隣に居るのも嫌で休憩時は外に出てタバコ吸ってましたわ。
運転士さんと毎回喫煙所でかぶるのでお話ししましたよ。11時間も乗ってるお客さま達強者ですよーって言われました。
バファローズの高橋信二選手に顔が似ていて穏やかな方でした。お元気でいらっしゃるかしら、ご無理なさってないかしら、と今も思い出します。


8月24日。
新宿から11時間。
出雲大社に到着。
新宿のトイレに落としてしまった携帯、電源入れたら見事に復活!よかったぁ。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)
売店横のトイレで用意して荷物はロッカーに入れて行動開始。
…ちと失敗。
駐車場から入ってしまった(´・ω・`)

神楽殿。
20110824001-1.jpg

拝殿の方に移動します。
20110824001-2.jpg

神馬神牛像(・∀・)
20110824001-3.jpg
かわいいから撫で回してました。すみません、すみません。

銅鳥居から拝殿。
20110824001-4.jpg

でかーい。大注連縄に小銭投げ刺すのはやっちゃダメですよ。神様に失礼ですから。
20110824001-5.jpg

拝礼作法は2礼4拍手1礼ですよ。すごいリズミカルに拍手するおじさんが居た。
20110824001-6.jpg
お参りして御朱印をいただきました。

ムスビの御神像。なんか圧倒された。大きいからかな。
20110824001-7.jpg

大国主大神と因幡の白兎。すごい気に入ってしまってずっと見てました。
20110824001-8.jpg

これは…忘れてしまいました(ごめんなさい
20110824001-9.jpg

灯篭がカッコいい。
20110824001-10.jpg

松林の参道を歩いて正門鳥居。
参道を歩いて途中で香りが変わったのはなんだったのだろう。
20110824001-11.jpg

とても居心地がよくてゆっくりじーっと拝見しました(かなりのガン見状態)。
本殿の奥のお山が紫がかって見えて綺麗だったなぁ。やはり特別な場所なんだ。

バスの中でちまっとパンは食べたけど、朝ごはん。
20110824001-12.jpg
ぜんざい。
出雲地方の神在(じんざい)餅が訛ってぜんざいになったとか。
10月31日はぜんざいの日です。さかした、覚えました。
ちと寝不足で早くもくたびれた体に甘いぜんざいが染み渡る。美味しかったー(・∀・)

次行きたいところへ移動します。  つづく。
関連記事
スポンサーサイト

タグ:バス 出雲大社 ぜんざい

大阪・神戸を歩く(1日目・その1 久し振りの神須牟地神社)

随分前からというか試合日程が発表された直後から考えてましてね、行くならこのタイミングだなぁと。
神戸だけでもよかったのですけど、ちいと万城目学さんにはまってしまったので小説の舞台になった町も見てみたいと思いまして。
5月の時点で宿の予約入れて行く1ヶ月前に夜行バスの予約入れて(ビンボー旅行者だから如何に安く上げるかがポイント)。
チケットはギリギリでも大丈夫だろうと(マテ
20130731001.jpg

大まかのことは決めたけど細かくは決められなくて。
出発する3日前くらいに全部決めたくらい行くとなると色々見たくなるんだよねぇ。
結果、見たいところでガシガシ写真撮っていたので量が多くなり日記は行った先で分けます。


8月1日、仕事を終えて買い物して帰宅。
家事をこなして食事してお風呂入って出発。
王子に大阪行きのバスがあることがわかってそれに乗って。
初めて行く停留所なので迷ったら行かんと思って早めに自宅を出たけど、あっさりわかっちゃって時間持て余しましたわw
定刻出発。秋葉原・東京と止まって大阪に向かいます。


8月2日。
バスでは割と直ぐ寝てしまうんだが、今回はなんかそうも行かずうっつらしながらになってしまった。
前のおっさんがねぇ…。ちょっと不思議な人でしたw
京都に着くアナウンスで目が覚め時間を見たら到着時間よりかなり早い。
次は大阪。これまた早い。
わしは天王寺で降りるので半分以上降りてしまったバスの中でそっと車窓から景色を見る。
3日目に予定しているところが見えた。さーっと流しても素敵だったのでテンション上がっちゃったなぁ(・∀・)
パインアメ(大好き)の本社も見た。谷町九丁目辺りで見えたホテルが非常に謎でしたが。

天王寺到着。
予定時刻より1時間近く早くてなぁ…。
日差しはきっついから何処かに逃げ込もうと思っても未だ店も開いてなくて(´・ω・`)
店が開店する間駅周辺を軽く歩いてみた。これと言って特にって感じだったが。

あべのハルカス。
20130802001.jpg
開店前だから中に入れるわけじゃないけどさ。こういうのが出来たというのをね。

天王寺駅の周りを一周して店にin。朝ごはん。
携帯でお話しするあんちゃんが非常にうるさかったです。朝帰りで内容がアレすぎて( ゚Д゚)
ごはんを食べたら地下鉄御堂筋線に乗って長居へ。JRでもいいんですけどね、阪和線はちいと信用ならないから(涙

長居と言えばびっきーさまこと北海道日本ハムファイターズの大引啓次選手のご実家です。
神須牟地神社。
久し振りにお参りに行きます。昨年も大阪に行ったけどあちこち回る時間がなかったので2年振りかな。

20130802002.jpg

20130802003.jpg

20130802004.jpg

境内は相変わらずの蝉時雨。
そして蝉のおしっこの洗礼を受けるw

こちらの神社さんの祭神は、神産靈大神・手力男命・天児屋根命。
配祀は、天日鷲命・大己貴命・宇賀魂命・少名彦命・素盞嗚命・住吉大神。

20130802005.jpg

20130802006.jpg

20130802007.jpg

鳩さん、とことこ。
20130802009.jpg

鳥居に使われていたものかしら?
20130802008.jpg

決して大きくはないのですが、すごく落ち着くのです。
びっきーのご実家だからというわけではなく、蝉時雨がいつしか気にならなくなるくらいゆったり時間が流れている感じが大好きなのです。
行くとへら~って顔して眺めてるもん、毎回w
幸せなんですよ、その空間に居るのが。
何度でも行きたい。そう思ってしまう町の神社さん(相当古い由緒ある神社さんだそうですよ)。


お別れするのは淋しいけど、また来ることを約束して次の場所に移動します。
関連記事

タグ:バス 神須牟地神社

桜を追いかけて 上田→海野宿→小諸

4月21日。
東京は桜が散ってしまったが、まだまだ桜を愛でたいといふ気持ち強く長野まで行くことにした。
今回は高速バスで移動。
出発点である池袋、朝の7時くらいは人も少ない。土曜日だから尚更か。
ひんやりした中(つか、寒い中)喫煙所で一服してマックで朝餉を。
2012042101.jpg
時間になりバスに乗り込むと満員じゃないですか。
多分別所温泉に行く年輩の方々、歴女と思われる女性達、カポー、サラリーマン(新幹線は使わせてもらえなかったのかな…)、わしみたいなひとり乗車の人。
隣にカポーの彼氏の方が座ってしまい、ちいとキュウキュウな席でした(;∀;)
女の隣に彼女座らせないんだな。彼女はリーマンの男性の隣だったんだけど、そういうのは気にならないのかなぁと老婆心。
東京から離れれば離れるほど霧が酷くなる道中。こんなに真っ白になる風景を見たのは久し振りだった。
山越して佐久に入る前に真っ白な霧が嘘みたいな青空。山なんだなぁ、としみじみ。

車窓から望む浅間山。
前に戸隠に雪歩きで行った時、浅間山はガスがすごかった。その数日後に噴火。
あの時とは違う穏やかな浅間山である。
20120421003.jpg

11時過ぎに上田駅に到着。
観光案内所で観光マップとグルメマップをいただく。
うん、おなかがすいたのですよw
駅に着く前に見かけた洋食屋らしき店もグルメマップに載っていてオムライスがとても美味しそうだったけど、肉モードなのでとんかつ屋さんに行くことにした。
行く途中に見つけたパン屋さんで売ってた真田六文銭スコーン。迷わず購入(ネタのため)。
20120421020.jpg

で、とんかつ屋さんにin。
グルメマップに載っていた六文銭定食を。紫蘇巻のカツです。
ごはんがね、多くてうれしい限りですよ(・∀・) どんぶり飯愛好者としてはやはりね♪
美味しかったし、すんごいおなかいっぱいになりました。
20120421004.jpg

坂を上って上田城に入りますー。
上田城千本桜まつり、絶賛開催ちう!
P4210978.jpg

20120421005.jpg

P4210980.jpg

いやはや、圧巻。
P4210982.jpg

20120421006.jpg

真田石。
P4210985.jpg

P4210987.jpg

真田神社。
P4210988.jpg

春よ。
P4210989.jpg

P4210990.jpg

P4210992.jpg

P4210993.jpg

P4210994.jpg

P4210995.jpg

P4210999.jpg
人がいっぱい居て出店もいっぱい。賑やかだけどなんとなく穏やかな感じ(招魂社はちいと淋しい気持ちになったけどね。でも、石造の鳩の上にテントウムシが居て和んだよ)。
上田城にもおもてなし隊が居るのですよね。見ることは出来なかったけど、また機会があれば見てみたいような(幸村殿が女の子っていうのにはびっくりしましたわ)。

上田城を後にして次の目的地へ。
しかし暑い。半袖で歩いてもちいともおかしくない気温である。
この日の東京と大違いよ…。
大きめのタオル持って行けばよかったなぁと後悔。

汗だくになりながら池波正太郎真田太平記館に到着(当然ながら館内の撮影は禁止です)。
池波先生の本で持っているのは剣客商売と堀部安兵衛、幕末新撰組くらいかなぁ。あ、乳房も持ってる。
やはりTVドラマなのですよね。鬼平犯科帳や仕掛人。
なので真田太平記の知識はさっぱり持ち合わせてない。故に勉強になりました。
猫をだっこする池波先生の写真、とても素敵だったなぁ(・∀・)
気になるのは柴田錬三郎の真田十勇士…。
P4211001.jpg

蔵の町。
P4211003.jpg

町は六文銭でいっぱいである。
信号の表記も。
P4211004.jpg

街燈も。
P4211006.jpg
六文銭で結構腹いっぱいになった(^^;
今回は時間の関係で見たいところは2ヶ所に絞って歩いたけど、レンタサイクルがあるみたいなので色々回りたい方は借りた方が楽ちんですね。

腹いっぱいになったところでお茶を飲んで移動。
久し振りのしなの鉄道。
20120421010.jpg
田中駅に向かいます。

田中から歩いて20分くらいの場所にある海野宿へ。
ネットでタイムスリップを体感出来るようなことを読んだのでちいと興味があった。
しかし、田中に着いたら風が強くてなぁ。日差しは強いけど寒くてなぁ…。

遊歩道をひたすら歩いて海野宿に到着。
白鳥神社。
P4211007.jpg

海野宿。
…観光客、あまり居ない。
P4211010.jpg

20120421012.jpg

この格子は海野格子って言うらしい。
P4211015.jpg

P4211016.jpg

千曲川と白鳥桜。
20120421013.jpg

海野宿は勿体無いなというのが正直な感想である。
建築物好きとしてはほんとに素晴らしいところだと思う。
しかし、観光するにはなんかね。
建物の間を車が通り抜ける。
生活圏だから仕方ないとは思うのですが、30㎞/h規制されてるのに結構スピード出してるトラックとか多くてほんとに怖かったのです(涙
故に途中で引き返しました…。
田中駅でもレンタサイクルもやってるみたいなので、歩くのがしんどい時は自転車がおすすめ。

風が強い中、田中に戻り再度しなの鉄道に乗って小諸へ。
懐古園の夜桜を見るために。
しかしですね、行く前からわかっていたのですがこの日(4月21日)に開花宣言が出されたのですよ(笑
↑それもついったーで小諸市公式さんに確認まで入れてたと
日が落ちるのを待つために商店街をふらふら。
数年前の夏に来た時より活気があるように思えた。
その数年前の夏に入った喫茶店に再来。またっとしながら温かいココアを飲む(そして客は今回もわしひとりだった。近くの甘味処に入ろうか悩んであんみつは流石に無理なのでやめて夕餉食べるには早いし昼食べたものがおなかにまだ残ってる状態なのでやめたといふいきさつもあるんだがな)。

日が落ちて来たので懐古園にごー。
日中の上田と打って変わってクソ寒いです(;∀;)
防寒対策はしてあるので大丈夫でしたけどね。
懐古園桜まつり、絶賛開催ちうですよ!
しかしほんとにぽつぽつとしか咲いてません(笑
小諸八重紅枝垂もまだまだ蕾です(写真撮ってみたがボケまくってボツとなりました。涙)。

水の手展望台からの千曲川。この風景が大好きなのです。
P4211018.jpg

天守台から。
P4211023.jpg

桜は関係なく花見する人はいらっしゃるのですよw
P4211024.jpg

懐古神社前の桜。
20120421017.jpg

雪洞が灯った。
P4211026.jpg

寒くて完全に日が落ちるまでは居られなかった弱い大人です。
高速バスの時間まで中途半端にあったので立ち食い(でも座れる)蕎麦屋でうどん食べて(何故蕎麦を食べない?→うどんが好きだから)時間潰し。
時間が来てバスも到着したけどバス停に駐車している車が多くて運転士さんも困ってたよ。
バスに乗ったら一番前の席でした。なんかうれしかった。
展望台で写真を撮ってた男の子も一緒にバスに乗ったな。
そんなに乗客は居ないのでゆったりと座って到着時間より早く新宿に着いた。
一番前に座ってたのでよく見えたんだけど車線変更の鬼のような運転士さんだったな…。


昨年は震災があって行くことが出来なかったので(当時の就業先で輪番停電があったので平日休みにして土日出勤にしたりね)、ちいと自分なりの贅沢をしてみました(1日に3ヶ所回るという強行スケジュールだけど)。
やはり桜は美しくてずっと見ていたい。
いつも言ってるんだけど、桜と共に北上するのが夢です。
あ、真田六文銭スコーン。塩気が強めでわし好みでした。美味しかった。また食べたいな(・∀・)
あと、家長の土産にした蕎麦粉を使った青木村のバウムクーヘンが好評で。これもまた食べたい♪
関連記事

タグ: バス 上田 六文銭 海野宿 小諸 懐古園