プロフィール

さかした/ふぁぶ

Author:さかした/ふぁぶ
現在、隠居気味の鳥の人。
日々ゆるく過ごしている。

野球、競馬、散歩、旅、食べ物のことばかり考えている。
読書が好きだけど日記にはほとんど出てこない。
鳥さまを溺愛。動物大好き。
長らく吸ってたタバコはやめ、酒は控え気味。
自転車、楽しい。
ぼちぼちと写真撮ってます。


*コメントはスパムと宣伝防止で承認制にしてますが書いていただけたらとてもうれしいす(TBも承認制です)
*画像と文章の無断使用・コピー等は当然禁止だ。


地味に更新中、【ほぼ新東京百景】。
概要とINDEXは⇒ こちら

日記とわたしについては⇒ こちら

よかったらぽちっと。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Tag

巣鴨  東京タワー 脳梗塞日記 バファローズ 中山競馬場 赤羽 浜松町 京都 東京競馬場 紫陽花 ペコちゃん タイ料理 上野 スワローズ 大塚 神宮 モカソフト 餃子 東京ドーム 大宮 ぬこさん 長野 上野動物園 金沢 池袋 氷川神社 神戸花鳥園 酉の市 仙台市 スノーシューイング ファイターズ カープ 三宮 ほっともっとフィールド神戸 中山グランドジャンプ   ベイスターズ 中山大障害 芝大神宮 水道橋 ランチ 増上寺 Bar 塩釜市 善光寺 読書メモ 馬鹿祭り インド料理 ジャイアンツ 串揚げ 東京ジャンプステークス 榛名神社 小諸 ポピー ハマスタ 日本シリーズ マリーンズ 高崎市 中華料理  カレー ホークス 大鳥神社 懐古園 忘年会 花粉症 福島競馬場 たこ焼き 銀座 ドーナツ 京セラドーム 都市対抗野球 川越 高田馬場 金木犀 ケーキ 府中 みかん氷 大内宿  日暈 西巣鴨 ライオンズ 宮城 温泉 大阪 梔子 ドラゴンズ 神社 イーグルス 哲学堂公園 阿武隈急行 新幹線 横浜 CS  天橋立 明石 ごはん 牡蠣 仙台 東芝  ジンギスカン 伊根町 新宿 アサヒビール園 ライオン 盆踊り 宝塚 百日紅 中野 かき氷 ことりカフェ 目黒区 立ち呑み 江戸五色不動 バス  パリーグ 瀧泉寺 神須牟地神社 スカイツリー 小松聖 大崎八幡宮 王子 指扇 躑躅 恵比寿 目黒 長岡天満宮 枝豆 瑞鳳殿 ミャンマー料理 洋食屋 鬼平 名古屋 西勇輝 縁切榎 掛川花鳥園 ブレービー 指扇氷川神社 オカメインコ とうもろこし 鶏の唐揚げ 東京大仏  散髪 青山 韓国料理 出雲大社 リハビリライド 有楽町 結婚式 宇都宮 猿田彦大神庚申堂 大手町 東京駅 東京ハイジャンプ 夕焼け カープ鳥 メガネ 志波彦神社鹽竈神社 洗濯機 あいぽん 人形町 西本聖 七夕 ブルーインパルス 半田屋 石巻 都市対抗野球大会 カルディ 新大阪 アポロマーベリック 柴田大知 下谷神社 山手線 鹿 奈良 岡駅 キャマタ 中華   梅田 香林坊 神保町 日光 湯たんぽ 一の酉 寿司 赤羽八幡神社 亀の子束子 滝野川 ハンバーガー 川崎 週刊プロレス おにぎりアクション2016 二の酉 稲荷町 北戸田 武井神社 モロニ展 鶏専門店 伊勢神宮 築地 スルッとKANSAI 中野ブロードウェイ 南禅寺 コメダ珈琲 写真 会津鉄道 国道17号 東京ドームシティ 広島 丸の内  祭り 中華街 田町 裏磐梯スキー場 ロック座 浅草 玉川上水 ぬこ殿 ばんてふ 海野宿 六文銭 上田 日本橋 8月 浜町 水天宮 三回忌 DDT 御徒町 五色沼 マエケン体操 ガスカートリッジ 六大学 18きっぷ イタリアン たまご焼き 夏休み おたま 食堂 新中野 大沼 滝野すずらん丘陵公園 戦場ヶ原 品川  水絆創膏 東京ドームホテル 台湾料理 羽田空港 上山 エビスコ酒場 香水 酒場 豚カルビクッパ 歌舞伎町 目赤不動 赤坂見附 豊川稲荷 本駒込 東京優駿 後楽園ホール カレーうどん 親分 山形 左沢 グリーンカレー 梅雨 3回忌 ハンドクリーム スラィリー イエローフォール 出雲 藤子・F・不二雄 竹芝桟橋 ドラえもん 金杉橋  河津桜 北前船の里資料館 とんかつ ぐりとぐら 汐留 加賀温泉 うどん 日暮里 天神橋筋六丁目 長田神社 湊川神社 山陽電車 須磨寺 空堀商店街  アオイ科 恋チュン 北浜 建築 辰野金吾 雪の科学館 尼御前岬 ホルモン ソフトシェル おでん 北陸フリー乗車券 金沢競馬場 白浜雄造 スプリングゲント 東京大衆歌謡楽団 花粉 新東京正義乃士 筋肉少女帯 JBC 吉原寛人 雨宝院 石川四高記念文化交流館 にし茶屋街 長町武家屋敷跡 橋立 四十九日法要 焼き鳥 御神本訓史 浜中俊 王将 片町 こぶし 巳さん 松月院 フーターズ ズムスタ 焼肉 アンパンマン列車 成人の日 一畑電車 震災 出雲市駅 二荒山神社 宇都宮城 やきう 仮面ライダー 岡山 新長田 チーズケーキ 鉄人28号 ブレーブス 味噌カツ ハーバーランド 雨天中止 大久保 住吉大社 たこせん 砺波 日御碕神社 塚原卜伝 大阪ガス ヤマハ 高速バス 西瓜 缶詰 花水木 灯台躑躅 お初天神 京都競馬場 三光神社 真田幸村 読書 マルゲリータ カメラ 風邪 鹿島神宮  流鏑馬 日御碕灯台 うに丼 新橋 戸倉 日比谷公園 ぜんざい 大阪駅  亀戸天神社 江東区 ドラフト2016 亀戸香取神社 新宿区 東池袋 東京六大学選抜 明治神宮外苑 白石城 白石 三浦大輔 ビル 銭湯 深山神社 槻木駅 楽天Koboスタジアム宮城 ずんだ茶寮 聖の青春 文京区 フリージア 椿 駒込 ナガミヒナゲシ ハナミズキ アップルパイ 蕎麦 旧古河庭園 元浅草 WBC2017 六本木 湯島 湯島天満宮 ウィスット・ボンニミット 板橋 本郷 徳川慶喜 くるり 別所温泉 京都市美術館 平安神宮 細見美術館 蹴上インクライン 水路閣 錦市場 錦天満宮 八坂神社御旅所 法要 宝塚歌劇団 傘松公園 真名井神社 元伊勢籠神社 インフルエンザ 舟屋 四条 五条 明石市立天文科学館 明石海峡大橋 王子新道 東京第二陸軍造兵廠板橋製造所 天空のビアガーデンTerrasse 東板橋公園こども動物園 ヤギ 北向観音 千代田区 ポニー 花火大会 誘導馬 給水塔 新青梅街道 ネルサイユ宮殿 江古田 五木食品 フチ子さん 夏越の大祓 チキン南蛮 若鳥の炭火焼き 大本願 大勧進 高岩寺 練馬 マジンガーZ チロルチョコ さざえ堂 すがも鴨台観音堂 子育神社 太子堂八幡神社 セキセイインコ 大江戸和宴 回転寿司 三の酉 千駄ヶ谷 西太子堂 鳩森八幡神社 尾山神社 東山ひがし茶屋街 千葉ロッテマリーンズ ポタリング 大門 マカロニほうれん荘 明治神宮野球場 天丼 モーニング 東京ヤクルトスワローズ 日の出  石川近代文学館 兼六園 主計町茶屋街 金沢新天地商店街 金沢中央味食街 ひゃくまんさん 金沢21世紀美術館 代々木公園 神明神社 正岡子規 子規庵 小野照崎神社 下谷 入谷 東京ソラマチ 東京スカイツリー 根岸 ノウゼンカズラ マムアンちゃん 板橋宿 フレンチトースト ステーキ 渋谷 武蔵浦和 花と緑の散歩道 中浦和 見上げるビアガーデン 稲荷神社 目黒不動尊 石ノ森萬画館 蔵造りの町並み 小和田アキ子 まるまつ はいからさんが通る さいたま新都心 おにぎりアクション2017 川越氷川神社 乗蓮寺 板橋区 自転車 ベトナム料理 フォー 喜多院 中院 智恩寺 観光船 夜行バス 駅弁 久保田貴士厩舎 道の駅ゆめランド布野 宮島水族館 揚げもみじ 厳島神社 宮島 芋煮汁 恵比寿ガーデンプレイス ブライアント 練習 大正 大阪天満宮 皆既月食 昼呑み 天神橋筋商店街 あなごめし クリスマス 那須高原SA 東北道 インコ チーズドック 塔のへつり 高倉神社 櫻木姫 スノーシュー オオハシ 茶漉し 又吉直樹 文學界 水炊き 宮尾登美子 御守  妖怪ウォッチ 曼珠沙華 お彼岸 達磨寺 王寺 興福寺 雪丸 ビール 難波 高校野球 甲子園 春日大社 神戸空港 茅の輪 カープ女子  夏の陣 おみくじ お遣い お盆 心斎橋 大丸 猿田彦大神 マリンフィールド 野毛 ずんだもち 茶碗蒸し ロイズ ウルトラセブン 稲葉篤紀 外宮 室津 三ノ宮 551 賀茂神社 姫路城 内宮 姫路おでん  ねぎそば 明石城 魚の棚商店街 白雲社 明石公園 弁当箱 プリッツ 菊花賞 富士S うちっかわ 森本稀哲 しながわ水族館 大森海岸 NTT西日本 黒ラベルビアガーデン KITTE 長靴 虎ノ門 とり野菜みそ 宮城県 櫻岡大神宮 仙台城跡 宮城縣護國神社 ブラックサンダー 狛犬 京都丹後鉄道 JR 御茶ノ水 瑞鳳寺 コボスタ宮城 鹽竈神社 仙石線 東北新幹線 志波彦神社 御釜神社 仙台育英高校 本塩釜 明石焼き 西宮神社 南京町 元町 パンケーキ  館林 日本ダービー 仲宿商店街  ペンギン バードショー ポン酒 かえる 栃餅 大内ダム 湯野上温泉駅 ふくろう 弥五島温泉 豆乳 旧中山道 手塚治虫記念館 宝塚大劇場 ロッテリア 阪急宝塚線 JR宝塚線 西宮 ライナ 花のみち 富士山 西武線 春日通り 本郷三丁目 後楽園 東京ジャンプS 東京 朝顔市  

如月に西に行く。 その16

南禅寺から平安神宮の大鳥居の方まで歩いて戻ります。
ここから次の目的地までバスです。
歩いて行くと言ったら『ここはバスや』とAさんに言われたのでした(;・∀・)
京都のバス初体験となります。
バスに関しては最後のまとめに認めたいと。

車中でAさんと受験の話をしつつ、穏やかに走る(←すごい含みあり)バスは河原町に到着。
ここで降ります。
確かに歩いたら時間かかりますな。知らないってほんと怖い( ;谷)
河原町界隈は非常に混み合っていて何処を歩いても人だらけ。土曜日だし余計にだろなぁ。

八坂神社御旅所の随臣像。
20160213003-1.jpg
これな、帰宅して写真まとめてる時に何処撮ったんだろとすごく頭悩ませたのでした。
名前とか由緒とか一切一緒に撮ってないし。
検索しまくって画像と一致させてわかったというね。
いやほんとごめんなさい(;∀;)

八坂神社御旅所についてはこちら ⇒




我々は錦市場に入って目的地へ向かいます(実はさりげなく道に迷ってた)。
またブラタモリで見て興味を持ったものを見に行ったわけです。
錦天満宮。
20160213003-2.jpg

ほんとだー鳥居埋まってるわ!(こなみ
20160213003-3.jpg

入ります。
20160213003-4.jpg

本殿。
20160213003-5.jpg
お詣りを。
道真公の生家だそうですよ、錦天満宮のある場所は。

梅は結構咲いていた。
20160213003-6.jpg

撫で牛さん。せくしー。
20160213003-77.jpg

錦の水とか摂社とかからくりおみくじとかゆっくり見学したかったのですが、まあ狭い敷地がごった返しておりまして。私もそのひとりですし。
社務所で御朱印買って(こちらでは御朱印帳に記帳するわけではなく紙に書いたものを売ってます。それでいいですか?と聞かれましたが買いましたよ。折角来たんだし)。
そそそと天神様を後にしました。
雨も降ってきちゃったしねぇ。

錦天満宮公式サイト ⇒




ごはん食べよかということで鳥居の右の刺さってる方がファーストキッチンでそこで昼ごはん。
Aさんにそれでいいの?いいの?と何度も聞かれたけど、うちの傍にはファーストキッチンないから全然おk。
お話しながらのんびり。
そしてまた野村貴仁の話になるんだよねぇ。3日連続野村の話してるよあたしゃ。

店を出て歩きます。
錦市場も人でごった返してます。
お店見るのすごく楽しいねー。ほしいなと思ったものは持って帰るには流石にダメなものばかりなのでやめましたけど(;∀;)
若冲ラーヴ♪
20160213003-8.jpg

この日記に遊びに来てくださる犬山さんおすすめのドーナツ屋さんを探して無事GET。
出来立て一口大の豆乳ドーナツマジ美味い。 ←ドーナツ大好きなのでもらってすぐ食べたやつ
いいもの教えてもらったなぁ。犬山さんありがとですー(・∀・)

ふらふらっとお店見ながら大通りに出た。
またお茶飲みたいねぇとふたりで喫茶店探して発見してマターリ。
わたしソーダ水をオーダーしたんだけど、間違ってソーダフロート作っちゃったんだけどとマスターからいきなりの告白w
それいただきますよと言ったら値段はソーダ水のままでいいからごめんなさいねーと。
うわ、何年振りだろw ソフトクリーム美味しい。マスターも美味しいwww
のんびり話しながら食しました。
Aさんとはネットで知り合って趣味が同じで仲良くなって今回初めてお会いしたけど、初めてな感じがまるっきりないくらい楽しかったねぇ。すごいいっぱい話した。
Aさんが一緒じゃなければバスに乗ることも出来なかったのですよ( ;谷)
ありがとうございました、またお会いしましょ(・∀・)

雨降る中、Aさんとは河原町でお別れ。Aさんはおうちにわたしは神戸に向かいます。


つづく。
関連記事
スポンサーサイト

タグ:京都 八坂神社御旅所 錦天満宮 錦市場

如月に西に行く。 その15

法堂でお詣りして上の方に行きます。

ふふふ、琵琶湖疏水水路閣。
どうしてもこれが見たかったの。やはりブラタモリで見て興味津々になりまして。
この水路閣を見に来たと言っても過言ではない。

田辺朔郎設計、明治21年完成。
当時景観問題で揉めたらしいけど、何とも素晴らしい。
ひたすら写真撮ってました。
なのでひたすら画像貼っておきます。

20160213002-9.jpg

20160213002-10.jpg

20160213002-11.jpg

20160213002-12.jpg

20160213002-13.jpg

20160213002-14.jpg

20160213002-15.jpg
ううううううたまらん。余は満足ぢゃ(誰
また見に行きたいので今度は蹴上からインクライン跡を歩きながら上ってみたいと思います。

これはなんだっけな…。その隣に方丈(国宝)があった記憶が。
20160213002-16.jpg
白飛び酷いね(;∀;)

鳥ちゃん達が居たよ。
20160213002-17.jpg
また来るね。

何処を見ても重厚で圧倒されてしまう南禅寺でした。
とにかく水路閣見ることが出来てほんとうれしかった!

南禅寺公式サイト ⇒



追記。
調べてる時に見つけた記事。琵琶湖疏水すげえよ。 ⇒

つづきます。
関連記事

タグ:京都 南禅寺 水路閣

如月に西に行く。 その14

平安神宮から京都市美術館の前を通りふらふらと話しながら歩いてたら、どうも次の目的地の近くまで来ていたらしい。
京都動物園の傍まで来ていた。
Aさんはバスに乗るつもりだったらしいがw
事前にざっと見の地図確認では余裕で歩けるなとは思ってました。バスは頭になかった京都音痴のわたし。
歩いている途中いいなと思わせる建物がいくつもあったが、どうもAさんによると前はお店やってたところばかりらしい。閉めちゃったのは何らかの事情があるんだろうけど。
ごはん食べるー?どーしよー、なんて言いつつ心擽る食事処もないのでそのまま歩いてましたわ。

蹴上インクライン。
ブラタモリでやってたのを見てすごく興味あって見たかったのー。
つか、いきなり出て来てびっくりした。
20160213002-1.jpg
琵琶湖疏水の船の輸送用の傾斜鉄道です。
傾斜の落差が大きいと船が動かせないから船を台車に積んで運んでたというわけなんですね。
線路跡脇は桜の木が連なっていて春は綺麗なんだろなぁ。
見たところは南禅寺船溜の傍から。

↓大体この辺りで見た。

あー蹴上って読めませんでした。『けあげ』ね。

参道のお高そうなお店を眺めつつ、南禅寺に来ました。
某所に紅葉の頃よく画像があがっている南禅寺。それ以上に東福寺はあがってますがね。

三門。重要文化財。
20160213002-2.jpg

20160213002-3.jpg

20160213002-4.jpg

20160213002-5.jpg

法堂。
20160213002-6.jpg

20160213002-7.jpg

20160213002-8.jpg

圧倒されちゃうわ。
こんなにカッコいい建築物だと思ってませんでした。
なんていうか男らしいって表現したらいいのかな。

つづく。
関連記事

タグ:京都 蹴上インクライン 南禅寺

如月に西に行く。 その13

2月13日。

今回の宿泊は朝ごはん付きプラン。この日も忙しいので食堂オープンと共にいただくことにした。
客が日本語話さない人ばかりでした( ;谷)
おかずにもつの味噌煮込み(完全にどて焼)とかおでんとかあって余裕で朝から呑めるぞコレ。
隣にクチャラー且つ肘ついて食べる女が来てしまったので退散した。ほぼ食事終わってたのでよかったわ…。
食事中に行儀悪いの大嫌い。

用意して宿を出て阪急梅田へ。
京都・東山に向かいます。
なんかずーっと阪急乗ってるし特急ばかりだし。
この辺りすごいうろついてる感がパネェ。
梅田から烏丸四条まで行き京都地下鉄烏丸線に乗り換えて烏丸御池。乗り換えて京都地下鉄東西線で東山まで。
相変わらず京都の電車とバスはわかってないが、東西線に乗ると滋賀に近付くのだけはわかった。

改札で野球友のAさんと落ち合う。
Aさんがナビゲートしてくれます。ありがたやありがたや。

目的地に向かう途中に平安神宮の大鳥居を見ながら。
20160213001-1.jpg

先ずは細見美術館で春画展を見ます。
東京で開催されてた時はばたついてそれどころじゃなかったのでとても悔しくて。
しかし京都でやることを知ってこりゃ見に行かないと!となりました。
行ってよかったねぇ。Aさんとすごく盛り上がりました(盛り上がっていいのかわからんが)。
見方はそれぞれだから真面目な顔して見ている人には煩わしかったかなぁと思います。
でも春画だもの、笑って見た方がおもしろいよ。ないわーないわーってさ。お琴プレイとか言ってる男性も居ましたしねぇw
肉筆もいいけど、ぼかぁ江戸時代の版画好きだよ。着物や小物の時代の移り変わりもおもしろかった。
実に大らかで好きだね。
20160213001-2.jpg
当然中は撮影禁止。
細見美術館はこじんまりしているけど造りがおもしろいし吹き抜けにテラスがあったり風通しがいい感じがすごく気に入りました。
↑このポスターと同じ絵柄の手拭い買った。

細見美術館公式サイト ⇒




折角なので平安神宮に足を運んでみた。
フリーマーケットやっててあちこち見て回ったり。素敵なバッグあったなぁ。しかしバッグばかり増やしてもダメなので我慢。

應天門を潜り大極殿で参拝。砂利は歩き辛いですなぁ。
大極殿と清龍殿。手前の見切れてるのは神楽殿。
20160213001-3.jpg
御祭神は桓武天皇と孝明天皇。
ご創建が明治28年だったのね。もっと古いものかとばかり思っておりました。

あ、そうそう。結婚式やってた。
集合写真撮ってたよ。

御朱印をいただいて應天門の裏をパチリ。
20160213001-4.jpg

應天門を表から。
20160213001-5.jpg

しかし平安神宮なんて中学生以来だわ。
平安神宮公式サイト ⇒




京都市美術館。工事中。外観見ただけですが。
20160213001-6.jpg

京都市美術館公式サイト ⇒




では次の目的地へ。


つづく。
関連記事

タグ:京都 細見美術館 平安神宮 京都市美術館

如月に西に行く。 その11

摂社の長岡稲荷大明神から。
20160212001-12.jpg

神楽殿(かな
20160212001-13.jpg

掃除のおっちゃんまた寄ってきて、『本殿撮ったかー?』と声をかけてくれました。
まだーと返事して撮り始めたら隣で、『この本殿は都から持ってきたんやで』と。

未だ長岡天満宮について説明してなかったのでてきとーすぎる説明をば。
長岡八幡宮は長岡京(都とのことな)の西南の外れの方にあります。
このあたりは道真公の所轄で平安の火野正平・有原業平と詩歌管弦を楽しんだ馴染みの地。
大宰府に左遷される時に立ち寄り歌など詠んで名残惜しんだので『見返り天神』とも呼ばれてるそうです。
左遷に付き添った中小路宗則に帰り際道真公自作の木像と念持仏を渡し、道真公の死後この辺りに祠を作って託されたものを祀ったのが長岡天満宮の始まりと言われてます。
本殿は昭和16年に平安神宮の拝殿を移したもので、拝殿は既存の拝殿を増改築したもの。
なるほど、都から持ってきたんだな。納得。

ピントが前に合ってしまったが奥が本殿。
20160212001-14.jpg

ちょっと写し方変えて。
20160212001-15.jpg
あんま変わらんがな( ;谷)

拝殿の隅の方にある牛さん。
やはりかわいい。
20160212001-16.jpg
丑年生まれで牛さん大好き道真公、世が世なら近鉄バファローズファンだっただろうといつも思う(

おっちゃんにお礼を言ってお暇。

20160212001-17.jpg
この鳥居を撮り終わってふと見たらおねえさんが撮り終わるまで待っていてくれたのでした。
ほんとにごめんなさい。ありがとうございました。

20160212001-18.jpg

20160212001-19.jpg

20160212001-19-1.jpg

鳩氏、佇む。
20160212001-20.jpg

鳩氏が見ていた風景。
八条ヶ池。
20160212001-21.jpg

正面大鳥居。
大鳥居から暫くは真ん中は歩けません。真ん中は神様の通る道なので脇を歩きましょう。
20160212001-22.jpg

ふらっと来たけど、来てよかったなぁ。
おっちゃんはいい味出してたし。ニコニコしながら話してくれたもんなぁ。
おらが町の誇れるものを愛してる感じがひしひしと伝わってきたのでした。

長岡天満宮公式サイト ⇒




つづくよ。
関連記事

タグ:京都 長岡天満宮

如月に西に行く。 その10

迷ってやっと見つけた四条烏丸から阪急京都線に乗ります。
この日からスルッとKANSAI利用となります。
使えるんだったら天橋立から使いたかった。

初めての阪急京都線なのでwktkである。
梅田行の特急である。
この日のメインイベントのための移動であるが、長岡天神という駅が気になって降りてみることにした。
時間に余裕がありますからね。

降りる前にちまちま調べたら長岡天満宮があるということがわかり、そちらに向かってみる。
ただ地図見ながら行くのにすごく迷うなど( ;谷)
いや、そんなに道は複雑ではないのですよ。寧ろ単純なんだけど初めて行くところは不安である。
行く途中長岡天満宮のなの字も出て来ないしさ。

八条ヶ池に当たり、ここから近いことがわかった(キリシマツツジで有名だそうだ)。
池に沿って歩いたら大きな鳥居。
いくつかの鳥居の下を歩き境内に到着。

お詣りをして御朱印をいただき絵馬殿(休憩所)でバックパックからカメラを取り出して撮影。

撫で牛さん達。かわいい(*´ω`*)
20160212001-4.jpg

拝殿。
20160212001-5.jpg

狛犬氏。
阿さま。
20160212001-6.jpg
梅が咲いたら阿さまの鼻が花弁で埋もれそうだなw

吽さま。
20160212001-6-1.jpg

境内の梅は未だだった。
20160212001-7.jpg

梅を撮影してたら掃除してたおっちゃんが『奥に梅林があるから行っておいでー。結構咲いてるで』と声をかけてくれたので行ってみることに。

梅林はぼちぼち咲いている感じ。
おっちゃん、結構ではないと思うのw

ピックアップしたものを。
20160212001-8.jpg

20160212001-9.jpg

20160212001-10.jpg

20160212001-11.jpg
種類がいくつかあるんだが名前控えて来るのを忘れた。
結構夢中で撮ってたんだなぁ。

うん、綺麗だよね梅は。好きなんだ。道真公と同じだよ。
うちの近所には桜は多いが梅が少なくて気付いたら見ないで終わってしまうという年もある。
堪能堪能。目に麗しい。

もひとつ長岡天満宮がつづきます。
関連記事

タグ:京都 長岡天満宮

如月に西に行く。 その9

(更新時間が短いので少ない画像とてきとーすぎる説明と駄文でお送り致します)


2月12日。

前日呑んだ時にSさんにモーニング食べるなら何処がええの?と聞いたところ、オレわかんないということでお店の女の子に聞いてくれたんですよ。
京都は喫茶店が多いって聞いたからさ。ジモティに聞いた方がいいところ紹介してくれるんじゃないかと目論んだわけです。
で、女の子は自分が行ってみたい店なんですがと前置きして和食のお店を紹介してくれたんです。
490円でバイキング食べ放題。これは素敵だねぇ。
わざわざ調べてくれてこの辺りですとスマホを出してくれて。
ん?これさっき見かけた女子度高めというか女子しか並んでなかったお店じゃないか?と。
起き掛けにもう一度調べたらやはりそのお店でしたね。
教えてくれた女の子には本当に申し訳ないなと思いつつ、なんとなくごはんという感じでもなく(さりげなく呑み過ぎ)宿に併設されているコメダ珈琲で軽くいただきました( ;谷)

宿をチェックアウトして先ず向かった先は前日夜な夜な写真を撮った因幡堂へ。
インコの御守があると聞いてたので自分ちの子達と友人ちの子の分を購入しようと思ったのですが、誰も居ないし呼び鈴があるわけでもないし。
…諦めました(;つД`)
でもお詣りしてよかったな。こういう言い方はどうかと思うけどおもしろかったので。

駅に向かおうと歩き始めたら掃除してたばあちゃんがこっちをちらちら見るんですよ。
ワッチかぶってマスクしてパーカー着てジーンズ穿いてバックパック背負ってますがなんか変かしら?
明らかに目つきが違うんだよな。いやらしい目つきというか。口元にやけてるし。
あ、何か勘違いしてますね( ;谷)
と、いうことで今年の目標(プロフィール参照)はあっさり破られてしまうのでした…。

駅に行く途中見つけたものとか。
京都三井ビルディング。
20160212001-1.jpg




八坂神社御手洗井。
20160212001-2.jpg
牛頭天王に水供えするための井戸で、祇園祭の時期だけ開放されるそうです。
管理しているのは町名の由来にもなった手洗水町の方々。




周りのビルとは明らかに違う洋館発見。
DEAN & DELUCAだった。
20160212001-3.jpg
旧北國銀行なんだってね。




あちこち見て歩いてたら駅を過ぎてた。
戻って駅に入ったけどまたそこで迷った( ;谷)

つづく。
関連記事

タグ:京都

如月に西に行く。 その8

とことことバスは海沿いを走る。
をを、船の意味よくわかったw
天橋立駅に近付くと道路と線路が並んで走っている。
20160211006-1.jpg

駅に着いたら特急のチケットを買ってごはんを食べに行く。
でもなんかもう食堂おしまいっていうところが多くて船乗り場に向かう途中に喫茶店あったなーと思い出してそちらへ。
名前がツボでメニューがツボでマスターが一番ツボだったことだけお伝えしたいと思います(
オリジナルのうどんというのをいただきましたが、煮た丸餅も甘い白だしも初めてだったな。
アレはアレでありだとは思うんだけど、甘い白だしってポピュラーなものなのだろうか。
西に来て初めて食べた味だった。
食べ終わって店を出ようと思ったらマスターがもうちょっとゆっくりしていきなよというのでタバコ吸わせてもらったわ。
あ、借りたトイレも非常に懐かしいものだったなぁw

喫茶店を出て朝急ぎ足でお詣りした智恩寺にもう一度行ってみた。
朝とは打って変わって大混雑でもう一度お詣りして御朱印いただいてお暇。

駅に行ってちょっとしたらもう電車に乗られるということ早々に乗り込んだ。
14時56分発のはしだて6号。自由席に乗ったけど全然余裕でいつの間にか寝てた。
起きたのがアナウンスが流れた福知山。こっからJR管轄だからね。つか今まで静かすぎるだろと(止まらんから静かなんだけど)。
園部(だったと思う)で前に尾道以西で見かけた鯱の屋根をぽつぽつ見かけた。
気付けばおじさん達に囲まれ京都に到着。
20160211006-2.jpg
はいはい、ありがとねぇ。
特急速いな、やはり( ;谷)

地下鉄に乗り換えて一駅、五条で下車。
地上に出て案内地図見てもわからんのだ。他なら見たまんまの地図なんだが、京都は表記が行きたいところとは逆になるイメージ。
なんやTHE京都だな(褒めてねえよ
なんとか宿にinしてぼーっとしてみる。

部屋からの風景。
20160211006-3.jpg

友人のSさんと夜から呑む約束。
このくらいに四条烏丸に来て~と連絡をもらう。
宿は五条と四条の間にあって正直どのくらいの時間かかるのかもわからない。
わたしは京都に来たのは中学の修学旅行以来なので何処に何があるのか全然わかってない。
4年前に京都に来たけど、競馬見に行ったしなぁ
地図見てもなんか頭に入らないんだよなぁ(´・ω・`)

お散歩兼ねて早めに出てみる。
宿から待ち合わせ場所の四条烏丸の交差点まで真っ直ぐ行けばいいということはわかってる。
待ち合わせ場所到着。三菱東京UFJ銀行。
ををを。
好きな近代建築なのでパチリしたり。
20160211006-4.jpg

20160211006-5.jpg

対面もなんか素敵な建築物。
20160211006-6.jpg

向こうに渡ってまたパチリ。
三井住友銀行。
20160211006-7.jpg

四条通。
20160211006-8.jpg

またUFJの方に戻って。
20160211006-9.jpg
楽しくなってきちゃってかなりの枚数撮ってた。



Sさんと合流してお店へ向かう。
一本入ったところに女子度が非常に高いお店があったり(すごい並んでた)、大通りとはまた違う趣のある建物が多くてウハウハ。

馬いた。
20160211006-10.jpg

お店に着いて乾杯して一発目の話題が清原から野村貴仁だった件( ;谷) 出て来るのはヤヴァイよねーヤヴァイよねーって…。
お店の女の子がかわいかったりアテが美味しかったりレモンがごろんと入ってる酒、潰すのがお気に入りで何杯も呑んでた。

マッシャーがかわいいのだ。
20160211006-12.jpg

持つ方もかわいい(*´ω`*)
20160211006-11.jpg

Sさんとお別れして宿に戻る。
ふらっと散歩しながら。
八坂神社大政所御旅所。
20160211006-13.jpg
坂は阪でもどっちでもいいらしい。
大政所は太閤のおっかさんのことかなと思ったら、皇族や位の高い方公家のみ許される家政機関でこの辺りも大政所町と言いますのや。
御旅所は神様(神様の乗り物の神輿)が休憩する場所。祇園さんの御旅所なので素戔嗚尊(牛頭天王)と八王子。少将井はまた別のところにあるそうだ。
大変勉強になりましたm(__)m




コンビニに入ったらきせのんが羅列されてた。
下のえきそばはあとで画像見て気付いた。
20160211006-14.jpg

するすると一本入って提灯が目につく建物が。
因幡堂。
地図見ても近いなと思ったが、ほんとに宿の傍だったんだな。
こちらには用事がありますので翌日に。
20160211006-15.jpg
この界隈は因幡堂町。とてもわかりやすい。




宿に戻ってしゃわってばたんQ。
ぼかぁ京都の夜は苦手だからとっとと寝るよ。


つづくよ。
関連記事

タグ:京都 五条 四条

如月に西に行く。 その7

伊根の町並みの続き。

造り酒屋だ。
向井酒造さん。
20160211005-22.jpg

杜氏さんが女性なんだそうだ。
20160211005-23.jpg
写真を撮ってる時に左に写る車が撮り終わるまで待っていてくれたのでした。
お気遣いありがとうございます。お待たせしてしまってごめんなさい。

角度を変えて。
20160211005-24.jpg
時間の関係で入ることはなかったが、一度入ってみたいな。

干したて。
たまたま干している時に通りかかった。
20160211005-25.jpg

たぬさん、ちーす。
20160211005-26.jpg

20160211005-27.jpg

20160211005-28.jpg

男衆とすれ違った。
20160211005-29.jpg

20160211005-30.jpg

路地の奥に蔵。
20160211005-31.jpg

ゆったり回ってちょうどバスの時間となりましたのでバス停へ。
下に降りて来た時自撮り棒で写真写してた海外から来た女の子3人と一緒になった。
彼女達は楽しかったのかな。楽しんでた風ではあったけど。

バスに乗って暫く行ったところの停留所で行きに一緒だった男性ふたりが乗り込んでくる。
多分観光船楽しんできたんだろう。
バスの本数少ないからどうしても行き帰り同じになるのは仕方ないんだよなw

そんなに誰かとすれ違ったわけではないが、さりげない気遣いや優しさを感じる町でしたね。
観光客に慣れているんだろうけど、べたべたじゃない優しさがとてもうれしかった。
圧巻の舟屋と海と町並みに心満たされました。
またいつか行きたいな、伊根。
今度また冬に浦嶋神社にも。

伊根町観光協会 ⇒




つづく。
関連記事

タグ:京都 伊根町

如月に西に行く。 その6

伊根の町並みを歩きます。

蝶の翅のような鎹。
20160211005-13.jpg

20160211005-14.jpg

20160211005-15.jpg

蔵には屋号が入っているものが多い。
20160211005-16.jpg

20160211005-17.jpg

20160211005-18.jpg

隙間から2連発。
20160211005-19.jpg

20160211005-20.jpg

病院かな。
20160211005-21.jpg


つづきますー。
関連記事

タグ:京都 伊根町