FC2ブログ
プロフィール

さかした/ふぁぶ

Author:さかした/ふぁぶ
鳥の人。
半分隠居気味。

野球、競馬、散歩、旅、食べ物のことばかり考えている。
読書が好きだけど日記にはほとんど出てこない。
鳥さまを溺愛。動物大好き。
色々自重して生きてる。
自転車、楽しい。
ぼちぼちと写真撮ってます。


*コメントはスパムと宣伝防止で承認制にしてますが書いていただけたらとてもうれしいす(TBも承認制です)
*画像と文章の無断使用・コピー等は当然禁止だ。


地味に更新中、【ほぼ新東京百景】。
概要とINDEXは⇒ こちら

日記とわたしについては⇒ こちら

よかったらぽちっと。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Tag

巣鴨  脳梗塞日記 東京タワー 赤羽 バファローズ 中山競馬場 紫陽花 東京競馬場 ペコちゃん 浜松町 大宮 仙台 タイ料理 池袋 モカソフト 上野 京都 餃子 大塚 スワローズ インド料理 神宮 金沢 ぬこさん 東京ドーム 長野 三宮 読書メモ 上野動物園 酉の市 氷川神社 スノーシューイング 中山グランドジャンプ ほっともっとフィールド神戸 神戸花鳥園 ファイターズ 仙台市 Bar ベイスターズ 中華料理 ランチ  カープ  増上寺 水道橋 東京ヤクルトスワローズ 馬鹿祭り 中山大障害 善光寺 明治神宮野球場 東京ジャンプステークス 芝大神宮 懐古園 小諸 ジャイアンツ ケーキ 牡蠣 塩釜市 串揚げ 銀座 府中 新宿 日本シリーズ オリックス・バファローズ 金木犀 高崎市  忘年会 榛名神社 ホークス カレー ポピー ハマスタ 寿司 大阪 マリーンズ 大鳥神社 京セラドーム リハビリライド 国府多賀城 たこ焼き 大内宿  七夕 宮城 ことりカフェ ライオンズ 日暈 みかん氷 百日紅 都市対抗野球 神須牟地神社 ドーナツ 川越 福島競馬場 花粉症 西巣鴨 高田馬場 温泉 CS 瀧泉寺 目黒区 江戸五色不動 パリーグ 梔子 人形町 東芝 天橋立 オカメインコ 神社 アサヒビール園 中野  横浜 伊根町 さいたま新都心 千駄ヶ谷 鳩森八幡神社 志波彦神社鹽竈神社 イーグルス  哲学堂公園 新幹線 阿武隈急行 築地 有楽町 ごはん 蕎麦  松島 宝塚 ライオン バス ドラゴンズ スカイツリー 盆踊り 洋食 ジンギスカン 千葉ロッテマリーンズ 富山 ポタリング 明石 立ち呑み かき氷 武井神社 赤羽八幡神社 青山 散髪 風邪 結婚式 東京大仏 おにぎりアクション2016 東京ドームシティ 洗濯機 目黒 半田屋 宇都宮 焼肉 岡駅 韓国料理 日光 北戸田 湯たんぽ 台湾料理 品川 会津鉄道 丸の内 滝野川 週刊プロレス 田町  元町 亀の子束子 ハンバーガー 夕焼け 鬼平 高校野球 伊勢神宮 祭り スルッとKANSAI 小松聖 恵比寿 鹿 奈良 カープ鳥 新大阪 梅田 中華街 モロニ展 大崎八幡宮 キャマタ 仙台城跡 宮城縣護國神社 瑞鳳殿 山手線 下谷神社 南禅寺 中華 長岡天満宮 王子 稲荷町 柴田大知 東京ハイジャンプ コメダ珈琲 ブレービー 西武線 国道17号 イタリアン 鶏の唐揚げ 都市対抗野球大会 東京駅 六本木 大手町 洋食屋 メガネ 鶏専門店 一の酉 セキセイインコ 回転寿司 香林坊 三の酉 中野ブロードウェイ 伊達武将隊 ミャンマー料理 はいからさんが通る 神戸どうぶつ王国 下谷 小野照崎神社 西本聖 令和 広島 多賀城 多賀城跡 石ノ森章太郎 出雲大社 あいぽん アルペンスタジアム  林満明 中日ドラゴンズ 金沢市民野球場 石川ミリオンスターズ プリン 躑躅 二の酉 猿田彦大神庚申堂 カルディ 川崎 東北歴史博物館 アポロマーベリック 指扇氷川神社 石巻 西勇輝 ステーキ とうもろこし 掛川花鳥園  写真 枝豆 神保町 元浅草  名古屋 縁切榎 指扇 ブルーインパルス 夏休み 姫路城 高速バス たまご焼き 花水木 羽田空港 灯台躑躅 親分 興福寺 マルゲリータ 18きっぷ うに丼 六大学 三ノ宮 室津 ぜんざい 賀茂神社 春日大社 戸倉 姫路おでん 上山 味噌カツ 金杉橋 グリーンカレー 竹芝桟橋 スラィリー 達磨寺 長居 河津桜 王寺  左沢 外宮 内宮 こぶし 山形 カレーうどん 恋チュン  雪丸 日御碕灯台 滝野すずらん丘陵公園 戦場ヶ原 京都競馬場  大沼 新中野 ビール ズムスタ ハンドクリーム 東京優駿  おみくじ 岡山 お盆 お遣い 仮面ライダー アンパンマン列車 カープ女子 茅の輪 夏の陣 甲子園 住吉大社 大阪駅 マエケン体操 ガスカートリッジ おたま 梅雨 五色沼 御徒町 日御碕神社 出雲市駅 食堂 551 出雲 東京ドームホテル 難波 一畑電車 心斎橋 水絆創膏 大丸 たこせん 神戸空港 歌舞伎町 日暮里 松月院 ドラえもん 藤子・F・不二雄 北前船の里資料館 天神橋筋六丁目 フーターズ やきう 宇都宮城 建築 成人の日 北浜 うどん 加賀温泉 雨天中止 砺波 ハーバーランド チーズケーキ 新長田 長町武家屋敷跡 橋立 とんかつ 大久保 雪の科学館 尼御前岬 二荒山神社 震災 読書 缶詰 巳さん 空堀商店街 新橋 お初天神 稲葉篤紀 ヤマハ 真田幸村 西瓜 三光神社 日比谷公園 須磨寺  鹿島神宮 流鏑馬 塚原卜伝 辰野金吾 カメラ アオイ科 山陽電車 長田神社 湊川神社  鉄人28号 ブレーブス 赤坂見附 イエローフォール 豊川稲荷 本駒込 目赤不動 裏磐梯スキー場 東京大衆歌謡楽団 三回忌 ソフトシェル 白浜雄造 スプリングゲント 花粉 新東京正義乃士 後楽園ホール 四十九日法要 DDT 3回忌 ぐりとぐら 豚カルビクッパ 酒場 大阪ガス エビスコ酒場 香水 筋肉少女帯 ホルモン 日本橋 焼き鳥 8月 片町 上田 六文銭 ロック座 浅草 にし茶屋街 雨宝院 石川四高記念文化交流館 ぬこ殿 王将 海野宿 玉川上水 北陸フリー乗車券 浜町 おでん 水天宮 金沢競馬場 JBC 浜中俊 御神本訓史 吉原寛人 ばんてふ 汐留  高岩寺 子育神社 太子堂八幡神社 西太子堂 大勧進 大本願 すがも鴨台観音堂 マジンガーZ 練馬 大江戸和宴 代々木公園 蔵造りの町並み おにぎりアクション2017 川越氷川神社 喜多院 石ノ森萬画館 目黒不動尊 神明神社 まるまつ 小和田アキ子 さざえ堂 チロルチョコ マカロニほうれん荘 立山連峰 大門 日の出 モーニング 天丼 銀座タイ料理 出雲大社東京分祠 茶碗蒸し  ひゃくまんさん 主計町茶屋街 東山ひがし茶屋街 尾山神社 兼六園 石川近代文学館 金沢21世紀美術館 金沢中央味食街 金沢新天地商店街 中院 フォー フリージア 椿 駒込 WBC2017 ナガミヒナゲシ ハナミズキ チキン南蛮 アップルパイ 旧古河庭園 本郷 徳川慶喜 聖の青春 東池袋 東京六大学選抜 文京区 湯島天満宮 板橋 ウィスット・ボンニミット 湯島 若鳥の炭火焼き フレンチトースト 見上げるビアガーデン 東京ソラマチ 東京スカイツリー 根岸 稲荷神社 自転車 ベトナム料理 乗蓮寺 板橋区 入谷 正岡子規 武蔵浦和 渋谷 板橋宿 中浦和 花と緑の散歩道 子規庵 ノウゼンカズラ マムアンちゃん 北陸鉄道浅野川線 武田勝 秋葉神社 権堂 コウペンちゃん 翔んで埼玉 往生院 熊野神社 平成  世尊院小御堂 常盤万作 紅花常盤万作 青葉すずのすけ むすび丸 木蓮 寒緋桜 すずめ踊り 花海棠 居酒屋 Costco 新三郷 ドムドムバーガー フライドチキン 東北楽天ゴールデンイーグルス 福浦和也 沖縄料理 世田谷文学館 ヤモリ ゴマダラカミキリ すみっコぐらし 鶯谷 食べ放題 芦花公園 コメダ珈琲店 小籠包 星乃珈琲店 西新宿 柏餅 蒸気機関車 ホルモン焼き 北千住 小山田いく 沈丁花 映画 おにぎりアクション2018 アルクマ 親子丼 鮫洲八幡神社 ドラフト2018 東太平洋 QUEEN 草刈正雄 塩釜 鮫洲 浅村栄斗 仙台うみの杜水族館 中野栄 ぐでたま 福井ミラクルエレファンツ 木倉町 秋山翔吾 BAR 埼玉西武ライオンズ ボヘミアン・ラプソディ 仙台市博物館 仙台東照宮 福浦島 遊覧船 AER 新宿スバルビル 甘味処 京コンピューター前 アイス 横浜DeNAベイスターズ カフェ 馬頭観世音 上條淳士 瑞巌寺 五大堂 サンダーバード 多米神社 森永チョコフレーク てっちゃん 新日本プロレス 明治神宮外苑 新宿区 南京町 パンケーキ ペンギン バードショー  館林 日本ダービー 仲宿商店街  ふくろう 弥五島温泉 ねぎそば ハンバーグ 高倉神社 櫻木姫 栃餅 かえる 湯野上温泉駅 大内ダム ポン酒 豆乳 旧中山道 ライナ JR宝塚線 阪急宝塚線 手塚治虫記念館 西宮 西宮神社 大森海岸 NTT西日本 明石焼き 宝塚大劇場 ロッテリア 後楽園 春日通り 本郷三丁目 東京ジャンプS 朝顔市 花のみち 富士山 東京 スノーシュー 塔のへつり 天神橋筋商店街 皆既月食 大阪天満宮 ブライアント 昼呑み 恵比寿ガーデンプレイス 駅弁 久保田貴士厩舎 芋煮汁 練習 大正 ずんだもち 猿田彦大神 マリンフィールド  ウルトラセブン 曼珠沙華 お彼岸 ロイズ 夜行バス 道の駅ゆめランド布野 茶漉し  妖怪ウォッチ 御守 オオハシ インコ チーズドック 那須高原SA 東北道 宮尾登美子 又吉直樹 厳島神社 宮島 宮島水族館 揚げもみじ あなごめし 文學界 水炊き クリスマス しながわ水族館 黒ラベルビアガーデン 夏越の大祓 五木食品 江古田 給水塔 フチ子さん 誘導馬 東京第二陸軍造兵廠板橋製造所 天空のビアガーデンTerrasse 花火大会 新青梅街道 ネルサイユ宮殿 水路閣 蹴上インクライン 京都市美術館 平安神宮 八坂神社御旅所 錦天満宮 明石海峡大橋 明石市立天文科学館 錦市場 王子新道 東板橋公園こども動物園 白石 楽天Koboスタジアム宮城 ずんだ茶寮 槻木駅 白石城 ドラフト2016 亀戸香取神社 亀戸天神社 江東区 深山神社 三浦大輔 千代田区 ポニー ヤギ 北向観音 別所温泉 ビル 銭湯 くるり 細見美術館 法要 とり野菜みそ プリッツ 菊花賞 富士S 宮城県 東北新幹線 志波彦神社 鹽竈神社 仙石線 弁当箱 明石公園 長靴 虎ノ門 KITTE 森本稀哲 うちっかわ 明石城 魚の棚商店街 白雲社 御釜神社 本塩釜 傘松公園 真名井神社 元伊勢籠神社 智恩寺 インフルエンザ 舟屋 宝塚歌劇団 四条 五条 観光船 京都丹後鉄道 瑞鳳寺 コボスタ宮城 仙台育英高校 櫻岡大神宮 ブラックサンダー JR 御茶ノ水 狛犬 野毛 

170929川越 その4

つづき。
その1 ⇒
その2 ⇒
その3 ⇒

氷川神社からバスに乗って移動。
観光案内所でもらった地図を見て行ってみたいと思った東明寺、氷川神社を出たら直ぐにバスが来たので今回はお詣りに行けず。
あ、名前だけで選びました。東明ですからね(だから大学野球か富士重工かオリックスのファンしかわからんて。読み方はとうみょうじだし)。
川越夜戦跡だそうで。
川越の地域情報サイト・カワゴエールより ⇒
日本三大奇襲(若しくは夜戦)って知らなくて他に何があるか調べたら、厳島の戦いと桶狭間の戦いなのね。

浴衣着た漢字の国の人達があまり行儀よくないのでうんざりしながらバスに乗車。
蔵造りの町並みに移動。

川越のランドマーク、時の鐘。
20170929032.jpg

20170929033.jpg

時の鐘を潜ると薬師神社があります。
20170929034.jpg

20170929035.jpg


20170929036.jpg

位置替えて写す。
20170929037.jpg
写した近くの角っこに豆腐屋さんがあっておからドーナツが売ってたのでお土産に購入。

町並み。
20170929038.jpg

20170929039.jpg

菓子屋横丁に行ってみる。
20170929040.jpg

ペコちゃんの生首…。
20170929041.jpg

20170929042.jpg

20170929043.jpg

ファッ!?
20170929044.jpg

なんか居る。
20170929045.jpg

軒先にわんこが居た。
20170929046.jpg

チンパン…。
20170929047.jpg

ハシビロパイセン。
20170929048.jpg
川越、割とシュールだな。

菓子屋横丁。
川越らしい土産を買おうと思って来てみた。
川越というとさつまいも。
と、いうことで芋けんぴを買いました。
アイスも売ってたから食べたよ。
紫芋アイス。柔らかいのでアイスに刺さってる芋けんぴで掬って食べた。
20170929049.jpg
暑いから余計に( ゚Д゚)ウマー
買ったお店。 ⇒
違う店でさつまいもビスケットサンド買ったり。
ここではお店巡りしていて写真は撮らなかった。
ブラタモリ川越編放送翌日に火事になったんだよね、菓子屋横丁(´・ω・`)

またメインストリートに戻って。
気になった建物。
埼玉りそな銀行川越支店。
20170929050.jpg
カワゴエールより ⇒

人酔いしたので帰るわ。
20170929051.jpg

帰りの巡回バス、激混みで漢字の国の人達はリュック前に背負ってくれないので痛い思いした。
ばあさん達のグループ同士で喧嘩したりなんなのあんた達はもう。
道は渋滞。
ちいとも心穏やかに過ごせなかったなぁという感想。
ベタな観光スポット選んだ自分が悪いのか。

あ、そうそう。
豆腐屋さんのおからドーナツ、喉に詰まらない優れものだった。甘さ控えめで美味しかったし。
今まで食べたおからドーナツの中で一番美味しかったかも。
お店で豆腐料理もいただける。 ⇒
あと、龜屋の亀どら美味かった!
さつまいもの餡のもあってまた食べたい。



川越散歩日記はこれでおしまい。
関連記事
スポンサーサイト



タグ:川越 蔵造りの町並み

170929川越 その3

つづき。
その1 ⇒
その2 ⇒

団子食べながら次のバスの時刻調べてたらすぐ来るので急いでバス停に移動。
乗ったら余裕で座れるくらいの空き具合。喜多院でガっと降りるんだろなぁ。

到着。
川越氷川神社。
20170929016.jpg
バス停の方から入ってしまったが赤い大鳥居があります。

川越氷川神社は、
太田道灌以来川越の総鎮守とされ歴代川越藩主の篤い崇敬を受けた神社さん。
御祭神は、素戔嗚尊・奇稲田姫命・大己貴命・脚摩乳命・手摩乳命。
二組の夫婦神が鎮座していることから古くから縁結びの神と信仰されている。
…だからね、ちょっと場違いなところに来ちゃったなという感じは否めなかった(;'∀')

手水舎。
20170929017.jpg

拝殿。
20170929018.jpg

舞殿。
20170929019.jpg

柿本人麻呂神社。
20170929020.jpg
人麻呂さんの直系の孫・綾部氏が戦国時代川越に移住したことで祀られたそうです。
神社の隣には山上憶良の歌碑があります。

人麻呂神社の狛犬氏。
はじめちゃん系だよね。
阿さま。
20170929021.jpg

吽さま。
20170929022.jpg
頭窪んでるし首元の巻き毛すごいくるくるですんごいかわいいので頭ぐりぐり撫で回しました。あゝかわいい(*´ω`*)

これはなんだっけなぁ(八坂神社?)。
20170929024.jpg

鯛のおみくじ。
赤いのは一年安鯛みくじ。
20170929025.jpg

ピンクは良縁あい鯛みくじ。
20170929026.jpg
鯛のおみくじ、釣り竿で釣って引くんだよ。
最初何やってるのかわからんかったわ。

おみくじ、鯛と一緒に結んでるね。
20170929027.jpg

格子越しに本殿。
20170929023.jpg

太田道灌手植えの矢竹を眺めつつ、氷川神社隣の結婚式場・氷川会館の渡り廊下。
八雲の灯籠素敵だわ。
20170929028.jpg

氷川会館に向かう途中にある護国神社。
20170929029.jpg

狛犬氏。
阿さま。
20170929030.jpg

吽さま。
20170929031.jpg

拝殿向かって左から後ろにかけて摂社末社やご神木があります。
手水舎の後ろにも戌岩や諸々あります。
そんなに広くないところに人がわらわら居て色々見忘れているんですよね。
先述した通りなんか場違いだし。女子受けしそうな神社さんだよな。
なんだかんだで道灌くんとは離れられない江戸の民ですよ、あたしゃ。
また日を改めてちゃんとお詣りに来よう。

公式サイト ⇒(サイトも神社さんもなんとなくほぼ日刊イトイ新聞のイメージなのよね)



つづくー。
関連記事

タグ:川越 川越氷川神社

170929川越 その2

つづき。
その1 ⇒

中院から歩いて移動。
巡回バスを使うほどの距離ではないので(歩いて5~6分くらいの距離)ふらふらと。
…行先と逆方向を歩いていた( ;谷)
戻って再び歩く。
レンタサイクルのおねえさん達とすれ違った。あー激混みのバスより自転車の方がいいよなぁ。
しかし体調がイマイチ。自転車漕ぐほど元気ではないのでやはりバスしかないんですよね。
途中にある仙波東照宮の前通っても階段上るのがしんどいのでお詣りには行きませんでしたし。

到着。
喜多院。

山門。
20170929009.jpg

喜多院とは。
平安初期の天長7年(830年)、淳和天皇の命で円仁(慈覚大師)が建立し、当初は無量寿寺と号した。無量寿寺には北院、中院、南院があり、伏見天皇が尊海僧正に命じ関東天台宗の本山とした。後伏見天皇は東国580寺の本山としての勅書を下し、後奈良天皇は星野山の勅額を下した。永禄年間(1558年 - 1570年)頃までは3院が存在していたが、寛永10年(1633年)に中院のあった場所に仙波東照宮が建てられた為、中院はさらに200m南方に移動し、南院は明治の初めに廃院となり、その一角とされる場所には数十基の石の塔婆が残っている。
慶長4年(1599年)、徳川家の尊崇が厚かった天海僧正が第27世住職として入寺し、寺号を喜多院と改めた。川越藩主となった老中・酒井忠利は喜多院の再興に当たった。慶長18年(1613年)には徳川秀忠の関東天台法度により関東天台総本山と定められ、500石の寺領を賜った。寛永15年(1638年)、川越大火で山門と経蔵以外の伽藍を焼失するが、翌年、徳川家光の命で、江戸城紅葉山御殿の一部を移築した。これが今に残る客殿、書院、庫裏であり、これらを運ぶために新河岸川の舟運が開かれた。川越藩主を経て幕閣で老中にあった堀田正盛は喜多院や仙波東照宮再建の奉行を命ぜられ、天海を助けた。4代将軍・徳川家綱は200石を加増し750石・寺域48,000坪の大寺となり、徳川家に厚く保護され隆盛した。
「日本三大羅漢」の1つ・五百羅漢は天明2年(1782年)から文政8年(1825年)の半世紀にわたって建立されたもので、538体の石仏が鎮座する。石仏はすべてが異なる表情・ポーズであるが、深夜、羅漢の頭を撫でると1つだけ温かいものが必ずあり、それは亡くなった親の顔に似ている、という伝承が残る。
越前松平家の流れを汲む松平大和守家の川越藩主(川越で逝去した松平朝矩から松平直侯まで5人)の廟もある(wikiより抜粋)。

慈恵堂。
県指定有形文化財。
20170929010.jpg

20170929011.jpg
慈恵堂にお詣りしてわかったのだが、今年本厄だった( ;谷)
60まではないと思ってたのに。
護摩までかなり時間が空いてしまうので厄除けのお守り買いました。

多宝塔。
県指定有形文化財。
20170929012.jpg

小江戸川越七福神 大黒天。
20170929013.jpg

慈眼堂。
国指定重要文化財。
20170929014.jpg
階段パスの日なので遠目に拝んでおしまい。
古墳の上に建てられているんですって。

厄除け団子食べました。
( ゚Д゚)ウマー
20170929015.jpg

中院同様さらっと見学して御朱印いただいて終わりにしてしまった。
この日は見なかったが五百羅漢は人気高いらしいので今度は是非。
実に味のある羅漢像。画像見ているだけでもほっこりしました。
公式サイト ⇒(羅漢像の画像見られます)



喜多院に今回初めて行ったのだが、春日局フューチャーされているものとばかり勘違いしていた。
文京区の春日の方が所縁あるかなぁ。
つづく。
関連記事

タグ:川越 喜多院

170929川越 その1

朝起きて急に出かけようと思い立った。
ひよっこ見てごはん食べてあさイチで有村架純(激しくかわいい)見て出かける。
あまり行かない方に行ってみようとバスに乗って東武東上線の駅まで行って電車に乗った。

20170929001.jpg

行先は川越。
2年前諸々あってあまり近づきたくない街である。
別に街が悪いわけじゃない。
某社の某担当が社会人としてほんとにダメなおっさんだったというだけで。ダメなおっさんが担当じゃなければとっとと終わってたことを(以下愚痴が長くなるので割愛)。
数回行って用事だけ済ませて当然観光もしないで帰ってたし、やっぱ社寺はお詣りしたいので今回は足を運んだのでした。

川越到着。
観光地は駅から離れているので巡回バスがあることを知って観光案内所で色々教えてもらう。
巡回バスは2種類。
小江戸巡回バス ⇒ 一日乗車券500円
小江戸名所めぐりバス ⇒ 一日乗車券300円
停まるところはほぼ同じなので今回は本数がちょっと多い小江戸巡回バスをチョイス。
川越駅西口から乗る。
以下、バスに乗って思ったこと。
巡回バス小さいのよ。なのに詰め込むだけ詰め込む。
海外からの観光客(主に漢字の国の人)多くて色々お構いなしでなぁ。小冊子剥き出しで仲間とのおしゃべりに夢中で何度も角が腕に刺さるので注意しましたがな。向こうの言葉は話せないので身振り手振りで注意したらわかったらしくsorryと英語で謝られました。
バスの運転士さんが観光地の案内もしてくれるけど日本語オンリーだから外国の人わからないよな。
行ったのは平日だったけど激混みだった。バス3台で回しているらしいけど混むんだったらもっと本数増やしてもいいかなぁと思う(しかし乗ってわかったのは乗り降りが激しいところは決まっているのでルート設定を細かくしてもいいんじゃないかと思った)。

ボンネットバス、かわいい。
20170929002.jpg
20分くらい乗って喜多院の前の停留所、中院で下車。
庭が綺麗だと運転士さんが仰ってましたので。

中院とは。
平安時代、淳和天皇の勅許で円仁(慈覚大師)が建立し、当初は無量寿寺仏地院と号した。鎌倉時代、尊海僧正によって再建する。日蓮が尊海僧正より恵心流の伝法灌頂を受ける。東国580ヶ寺の本山の勅書を受けるなど隆盛を極めた。無量寿寺には仏蔵院(北院)、仏地院(中院)、多聞院(南院)が存在し、後伏見天皇が尊海僧正に命じ関東天台宗の本山とした。天台宗の学問所である仙波談義所が開かれ関東八檀林の一つとして栄えた。天海大僧正が喜多院(北院)の住職となるまでは、中院が無量寿寺の中心的な役割を果たした。仙波東照宮建立の際に中院は移動した(wikiより抜粋)。

20170929003.jpg

20170929004.jpg

20170929005.jpg

20170929006.jpg

20170929007.jpg

20170929008.jpg

春は枝垂桜が美しいらしい。
オレ達の狭山茶の発祥の地なんだそうよ(一部野球ファンしか興味を示さないと思うけど)。
島崎藤村の義母のお墓がある(しかし藤村好きじゃないのでスルーした)。
海外からの観光客の人達、お堂の前をなかなか動かないので何しているんだろうと思ったら、写真撮っているんだけどお堂撮ってるわけじゃなくお堂の前の葉っぱ撮ってるのよね…ちょっとよくわからない。特別珍しいものがあるわけではないしなぁ。
逆に興味湧くわな。

お庭、綺麗だった。
色味は春に敵わないだろうけど秋が深まる前の夏の忘れ物のような瑞々しさはよかったな。
さらっとお詣りして庭見学して終わってしまったがもう一度ゆっくり見たい。

公式サイト ⇒



次の場所へは歩いて移動。
つづきます。
関連記事

タグ:川越 中院