FC2ブログ
プロフィール

さかした/ふぁぶ

Author:さかした/ふぁぶ
現在、隠居気味の鳥の人。
日々ゆるく過ごしている。

野球、競馬、散歩、旅、食べ物のことばかり考えている。
読書が好きだけど日記にはほとんど出てこない。
鳥さまを溺愛。動物大好き。
長らく吸ってたタバコはやめ、酒は控え気味。
自転車、楽しい。
ぼちぼちと写真撮ってます。


*コメントはスパムと宣伝防止で承認制にしてますが書いていただけたらとてもうれしいす(TBも承認制です)
*画像と文章の無断使用・コピー等は当然禁止だ。


地味に更新中、【ほぼ新東京百景】。
概要とINDEXは⇒ こちら

日記とわたしについては⇒ こちら

よかったらぽちっと。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Tag

巣鴨  東京タワー 脳梗塞日記 バファローズ 赤羽 中山競馬場 東京競馬場 紫陽花 浜松町 ペコちゃん 京都 大塚 餃子 上野 モカソフト スワローズ 大宮 タイ料理 神宮 東京ドーム 金沢 池袋 ぬこさん 上野動物園 長野 氷川神社 三宮 ほっともっとフィールド神戸 神戸花鳥園 ファイターズ 仙台市 中山グランドジャンプ スノーシューイング 酉の市 カープ インド料理   ベイスターズ 読書メモ 芝大神宮 増上寺 中華料理 中山大障害 水道橋 東京ジャンプステークス ランチ Bar 馬鹿祭り 塩釜市 ジャイアンツ 串揚げ 善光寺 日本シリーズ 小諸  ホークス ポピー 懐古園 カレー ハマスタ 大鳥神社 忘年会 榛名神社 マリーンズ 高崎市 川越 銀座 ライオンズ  大阪 都市対抗野球 ドーナツ 高田馬場 府中 京セラドーム 花粉症 仙台 大内宿 宮城 オリックス・バファローズ ケーキ 金木犀 みかん氷 福島競馬場 日暈 西巣鴨 たこ焼き 温泉 ドラゴンズ 伊根町  天橋立 築地 かき氷 東芝 新幹線 瀧泉寺 目黒区 ことりカフェ 横浜 アサヒビール園 江戸五色不動 哲学堂公園 千葉ロッテマリーンズ 明治神宮野球場 富山 パリーグ 立ち呑み 阿武隈急行 東京ヤクルトスワローズ 宝塚  神須牟地神社 ライオン 盆踊り CS 牡蠣 新宿 中野 明石 バス スカイツリー  ジンギスカン ごはん イーグルス 梔子 神社 百日紅 南禅寺 韓国料理 夕焼け 西勇輝 東京ドームシティ 長岡天満宮 洋食屋 志波彦神社鹽竈神社 都市対抗野球大会 鶏専門店 中華 メガネ 亀の子束子 大手町 東京大仏 週刊プロレス キャマタ 下谷神社 稲荷町 国道17号 王子 山手線 コメダ珈琲 滝野川 東京駅 半田屋 瑞鳳殿 有楽町 大崎八幡宮 会津鉄道 散髪 洗濯機 青山 結婚式 目黒 柴田大知 宇都宮 人形町 鶏の唐揚げ 東京ハイジャンプ 枝豆 赤羽八幡神社 とうもろこし 広島 祭り 北戸田 梅田 指扇氷川神社 指扇 縁切榎 丸の内 出雲大社 神保町 猿田彦大神庚申堂 田町 鬼平   西本聖 スルッとKANSAI カルディ オカメインコ 石巻 鳩森八幡神社 日光 湯たんぽ 千駄ヶ谷 中野ブロードウェイ ミャンマー料理 あいぽん リハビリライド ブレービー 七夕 伊勢神宮 アポロマーベリック 躑躅 川崎 武井神社 小松聖 石川ミリオンスターズ 香林坊 金沢市民野球場 掛川花鳥園 林満明 寿司 おにぎりアクション2016 恵比寿  カープ鳥 ハンバーガー 新大阪 岡駅  写真 ブルーインパルス 名古屋 二の酉 六本木 鹿 奈良 中華街 モロニ展 アルペンスタジアム 一の酉  東京ドームホテル 品川  ばんてふ 8月 台湾料理 新中野 海野宿 六文銭 上田 滝野すずらん丘陵公園 戦場ヶ原 茅の輪 カープ女子 大沼 京都競馬場 夏の陣 五色沼 香水 酒場 豚カルビクッパ エビスコ酒場 羽田空港 洋食 歌舞伎町 イタリアン 上山 左沢 ハンドクリーム グリーンカレー スラィリー カレーうどん 山形 後楽園ホール DDT 3回忌 たまご焼き 夏休み 食堂 おたま ガスカートリッジ 三回忌 日本橋 浜町 水天宮 水絆創膏 マエケン体操 裏磐梯スキー場 豊川稲荷 本駒込 目赤不動 赤坂見附 18きっぷ イエローフォール 御徒町 六大学 玉川上水 三光神社 東京大衆歌謡楽団 花粉 スプリングゲント 白浜雄造 ソフトシェル 新東京正義乃士 筋肉少女帯 河津桜 竹芝桟橋 汐留 ぐりとぐら 四十九日法要 ホルモン おでん 焼き鳥 片町 石川四高記念文化交流館 雨宝院 にし茶屋街 王将 浜中俊 金沢競馬場 北陸フリー乗車券 JBC 吉原寛人 御神本訓史 金杉橋  岡山 住吉大社 仮面ライダー アンパンマン列車 ズムスタ たこせん 味噌カツ 親分  梅雨 東京優駿 大阪駅 出雲 一畑電車 花水木 高速バス 灯台躑躅 こぶし 恋チュン マルゲリータ 戸倉 日御碕神社 出雲市駅 日御碕灯台 うに丼 ぜんざい 長町武家屋敷跡 橋立 震災 塚原卜伝 二荒山神社 宇都宮城 やきう 流鏑馬  日比谷公園 新橋 風邪 カメラ 鹿島神宮 成人の日 フーターズ 鉄人28号 新長田 ブレーブス ぬこ殿 浅草 チーズケーキ ハーバーランド 焼肉 松月院 大久保 砺波 雨天中止 読書 缶詰 日暮里 ドラえもん 天神橋筋六丁目 北浜 建築 藤子・F・不二雄 北前船の里資料館 雪の科学館 尼御前岬 とんかつ 加賀温泉 うどん 辰野金吾 アオイ科 真田幸村 お初天神 ヤマハ 大阪ガス 西瓜 巳さん 空堀商店街 湊川神社  長田神社 山陽電車 須磨寺 ロック座 皆既月食 徳川慶喜 板橋 ウィスット・ボンニミット 本郷 WBC2017 椿 駒込 元浅草 湯島 湯島天満宮 新宿区 亀戸香取神社 亀戸天神社 明治神宮外苑 東京六大学選抜 文京区 聖の青春 東池袋 フリージア ナガミヒナゲシ 中浦和 武蔵浦和 渋谷 花と緑の散歩道 マムアンちゃん 子規庵 小野照崎神社 ノウゼンカズラ 板橋宿 フレンチトースト 蕎麦 旧古河庭園 ハナミズキ アップルパイ チキン南蛮 ステーキ 若鳥の炭火焼き 江東区 ドラフト2016 江古田 給水塔 新青梅街道 五木食品 夏越の大祓 花火大会 誘導馬 フチ子さん ネルサイユ宮殿 明石海峡大橋 蹴上インクライン 京都市美術館 平安神宮 水路閣 八坂神社御旅所 明石市立天文科学館 錦市場 錦天満宮 天空のビアガーデンTerrasse 東京第二陸軍造兵廠板橋製造所 深山神社 三浦大輔 ビル 槻木駅 ずんだ茶寮 白石城 白石 楽天Koboスタジアム宮城 銭湯 くるり ヤギ 東板橋公園こども動物園 王子新道 ポニー 千代田区 別所温泉 北向観音 正岡子規 下谷 大門 日の出  ポタリング 立山連峰 天丼 モーニング マカロニほうれん荘 ひゃくまんさん 金沢21世紀美術館 東山ひがし茶屋街 尾山神社 チロルチョコ 主計町茶屋街 兼六園 金沢中央味食街 金沢新天地商店街 石川近代文学館 茶碗蒸し 出雲大社東京分祠 秋山翔吾 BAR 埼玉西武ライオンズ 浅村栄斗 鮫洲 アルクマ 親子丼 鮫洲八幡神社 木倉町 福井ミラクルエレファンツ 北陸鉄道浅野川線 銀座タイ料理 中日ドラゴンズ 武田勝 ぐでたま 仙台うみの杜水族館 中野栄 さざえ堂 すがも鴨台観音堂 中院 フォー ベトナム料理 喜多院 川越氷川神社 石ノ森萬画館 蔵造りの町並み おにぎりアクション2017 乗蓮寺 板橋区 東京スカイツリー 根岸 入谷 東京ソラマチ 見上げるビアガーデン 自転車 稲荷神社 目黒不動尊 小和田アキ子 子育神社 太子堂八幡神社 西太子堂 高岩寺 大勧進 マジンガーZ 練馬 大本願 三の酉 セキセイインコ はいからさんが通る さいたま新都心 まるまつ 神明神社 代々木公園 大江戸和宴 回転寿司 細見美術館 法要 水炊き クリスマス あなごめし 文學界 又吉直樹 妖怪ウォッチ 御守 宮尾登美子 揚げもみじ 厳島神社 久保田貴士厩舎 芋煮汁 恵比寿ガーデンプレイス 駅弁 夜行バス 宮島 宮島水族館 道の駅ゆめランド布野  茶漉し 栃餅 ねぎそば  かえる ポン酒 弥五島温泉 湯野上温泉駅 大内ダム 高倉神社 櫻木姫 東北道 インコ オオハシ 那須高原SA チーズドック スノーシュー 塔のへつり 昼呑み 天神橋筋商店街 心斎橋 難波 高校野球 大丸 551 賀茂神社 室津 三ノ宮 甲子園 ビール 神戸空港 お遣い お盆 春日大社 興福寺 雪丸 達磨寺 王寺 姫路城 姫路おでん 曼珠沙華 お彼岸 ロイズ 大正 練習 おにぎりアクション2018 大阪天満宮 ブライアント ウルトラセブン  稲葉篤紀 外宮 内宮 野毛 マリンフィールド ずんだもち 猿田彦大神 ふくろう バードショー 鹽竈神社 仙石線 東北新幹線 志波彦神社 御釜神社 コボスタ宮城 仙台育英高校 本塩釜 宮城県 とり野菜みそ 明石城 魚の棚商店街 白雲社 明石公園 弁当箱 プリッツ 菊花賞 富士S 瑞鳳寺 宮城縣護國神社 傘松公園 真名井神社 元伊勢籠神社 インフルエンザ 舟屋 宝塚歌劇団 四条 五条 智恩寺 観光船 ブラックサンダー 櫻岡大神宮 仙台城跡 狛犬 御茶ノ水 京都丹後鉄道 JR うちっかわ 森本稀哲 本郷三丁目 旧中山道 豆乳 春日通り 西武線 朝顔市 東京ジャンプS 後楽園 日本ダービー 仲宿商店街 元町 パンケーキ ペンギン 南京町   館林 東京 富士山 大森海岸 NTT西日本 明石焼き しながわ水族館 黒ラベルビアガーデン 長靴 虎ノ門 KITTE 西宮神社 西宮 宝塚大劇場 ロッテリア 花のみち 手塚治虫記念館 阪急宝塚線 ライナ JR宝塚線 おみくじ 

033 目黒不動尊 その4

10月24日。

目黒不動尊へお詣りしてきました。
今年は酉年の守護本尊である不動明王を12年に一度の御開扉の年。
時期がわからずじまいだったのでそのままにしていたけど(前回お詣り後入院2回してますしねぇ…自分のこと優先ですわ)、FBに御開扉の情報が流れてきたのでラッキーでした。
10月22日から御開扉が始まったが台風だったので落ち着いてから出かけようということで24日に。

いつも目黒駅で降りて15分くらい歩いて目黒不動尊に行くけど、今回は東急目黒線を利用して不動前駅で降りた。
目黒から行くのと特に変わらないとは思うけど、道は不動前からの方がわかりやすいかなぁ。
道の起伏も比較的平坦なのは不動前からの方。目黒から行くと権之助坂があるからね。

到着。
仁王門。
s20171024001

大々的に謳ってます。
s20171024002

久し振りな狛山犬氏。
何度見てもかわいい。
s20171024003

s20171024004

男坂を上って本堂着。
回向柱がありました。
紐を握って不動明王様と繋がったぜ。
s20171024006

本堂に入って仏様達をお詣りし、秘仏の不動明王とご対面(本堂内は撮影禁止なので写真はなし)。
本堂内は暗いので遠く見るメガネをかけていないわたしにはちょっとお顔ははっきりと見えなかったです。コンタクトにすればよかったな(;´・ω・)
でも平日で参拝客が少なかったのでゆったり見つめながら手を合わせることが出来た。
熱心な方が数人いらっしゃって、でかい声でお経あげたりいきなり独鈷に頭ぐりぐり擦り付け始めてビビった…。

詣で終わって本堂から回向柱を眺める。
s20171024007
あれ?
いつの間にか山王鳥居が出来ている。
その昔は神仏習合だったそうですよ。
境内のあちこちで改修工事中です。

お不動さまと繋がってる図。
s20171024008
このおじさんに行く先々すごく邪魔された。故意にではなく素で。素は怖いわ。

阿弥陀堂隣の寺務所で御朱印をいただきました。
今回は御朱印帳忘れずに持ってきた(`・ω・´)
s20171024009

わんわん親子いつもかわいい(*´з`)
s20171024010

仁王門前の茶屋で開催されている永久保貴一先生の原画展にもお邪魔しました。
s20171024011
やっぱ原画綺麗でいいよねぇ。
グッズも売ってるので見ていて楽しかった。
わたしは手拭いを購入。

御開扉と原画展は10月29日まで。

公式サイト ⇒
スポンサーサイト

タグ:目黒区 瀧泉寺 江戸五色不動

051 東京大仏

家長のお母さん・兄弟達と我が家で食事に行ってきた。
で、食事した店から近いからということで東京大仏にもお詣りしてきた。
起伏が激しい地形なので足腰が弱っているお年寄りにはきついので車で来た時じゃないとねということで。
こちらも『あ、ちょうど新東京百景に入ってるところじゃん。あれこれ見よう』って感じ。
突如決まったことなので当然カメラなんか持ってないのであいぽんで撮影です。

場所が駅から遠いのが難点。
東武東上線の下赤塚駅か都営三田線の新高島平駅若しくは西高島平駅が最寄だがどちらも20分くらい歩かないといけない。
そして先に述べたように起伏の激しい地形なので歩くのが苦にならない人向けかなぁ。近くまで行くバスはあります。
数年に一度初詣に行く程度だが、散歩するにはいい運動になると思うし緑豊かで目にも優しくてわたしは好きですよ。

到着。
s20170924001

現在の正式名称は赤塚山慶学院乗蓮寺。
元々応永年間板橋区仲町に創建され江戸時代の初期に板橋区仲宿に移転。
名前も孤雲山慶学院乗蓮寺⇒慶学山乗蓮寺と変更している。
昭和48年に首都高工事と国道17号拡張のため赤塚城二の丸跡に移転。その時に山号を赤塚山に改めた。
s20170924002

上手く写らなかったが仁王様。
s20170924004

s20170924003

仁王様の後ろにいらっしゃる広目天。
s20170924005

多聞天。
s20170924006

東京大仏。
東京大空襲や関東大震災のような悲惨な震災や戦災が再び起きないよう願いを込め昭和52年に建立。
s20170924007
日本三大大仏は奈良・鎌倉・板橋と聞いたが、青銅鋳造ではということらしい。だってもっとでかい大仏いっぱいあるよね。
板橋が入ってるのずっと不思議だった。
ちなみにわたしは高校に入るまで東京に大仏があるって知りませんでしたがな。

s20170924008

文殊菩薩。
s20170924013
他にも奪衣婆・役行者・がまんの鬼の像があります。

手水舎。
s20170924010

思い切り立った龍のはわたしは見たことがない。
s20170924011

本堂。
s20170924009

あちらこちらに葵の御紋があって徳川ゴリ押し感は否めない。
ちゃんと理由があって、天正19年(1591年)に徳川家康から十石の朱印地が寄進され、その後も歴代の将軍から朱印地が与えられた。
また八代将軍・徳川吉宗の鷹狩の際の休憩所・お膳所としても使われた。
徳川家お墨付きの格式のある寺院なのです。
s20170924014

s20170924015

錦鯉が丸々して立派だった。
s20170924012

s20170924016
そそ、植村直己氏のお墓もあります。

駅から遠いのでバス利用(国際興業バス)の場合、
東武東上線成増駅北口から赤羽駅西口行(又は志村三丁目駅行):乗車6分→「赤塚八丁目」下車:徒歩5分
東武東上線成増駅北口から区立美術館経由(西高島平駅経由ではない)高島平操車場行:乗車9分→「区立美術館」下車:徒歩5分
都営地下鉄三田線高島平駅から区立美術館経由(西高島平駅経由ではない)成増駅行:乗車9分→「区立美術館」下車:徒歩5分
少ないけどコミュニティバスもあります。時刻表 ⇒(区立美術館下車)

板橋区のサイト(板橋十景) ⇒


タグ:板橋区 乗蓮寺 東京大仏

033 目黒不動尊 その3

目黒不動尊、つづきです。
その1 ⇒
その2 ⇒

仏像以上に枚数撮ってたもの、
それはわんことか。
ひたすら貼っていきたいと思います。お好きな方は悶えてください。

仁王門前の狛犬氏。
阿さま。
s20170112027.jpg

吽さま。
s20170112028.jpg

仁王さんの真裏に居る石膏の狛犬氏。
阿さま。
s20170112029.jpg

吽さま。
s20170112030.jpg

なんか既視感のある狛犬氏だと思ったら、籠神社の狛犬氏から石膏の型を取って作ったものだったのか。
宮城縣護國神社の狛犬氏もなのか。
靖国神社も同じ作家さんがこしらえたものらしいけど記憶にないな。気分的にあまり行かないからな。
作者の後藤良氏 ⇒

仁王門を潜ると出迎えてくれるわんこ。
山犬とか和犬とか言われてる子です。
s20170112031.jpg
おっぱいあるからお母さん。

角度を変えて。
尻上げてるちびがかわいい。
s20170112032.jpg

お父さんかな。
s20170112033.jpg

角度を変えて。
見上げるちびがやはりかわいい。
s20170112034.jpg

無事かえる氏。
s20170112035.jpg

前不動堂の狛犬氏。
項垂れていて萌える。
s20170112036.jpg

おばけひどいけど載せる(;∀;)
s20170112037.jpg
わかりづらいんだけどあばらが浮いてるので狼なのかもな。

独鈷の滝の周辺に居るわんこ親子。
s20170112038.jpg
この子は数年前暫く顔が欠けたままになっていたけど直してもらったのね。

独鈷の滝の斜面に居るお不動さんとわんこ親子とスリーモンキーズ。
s20170112039.jpg

男坂傍のわんこ親子。
s20170112040.jpg
この斜面はお不動さんとか狛犬とか山犬とか無造作に置かれていてなかなかカオス。
今度行く時は全体とひとつひとつ拾って撮りたい。

かえる氏とちびかえる氏ふたり。
s20170112041.jpg

江戸最古の石彫狛犬氏(1654年)。
阿さま。
s20170112042.jpg

吽さま。
s20170112043.jpg
未だに狛犬氏の分類はよくわからないのですが、江戸はじめっていうらしいよ(三遊亭円丈師匠命名)。

塀のレリーフ。
こけこっこぴよぴよ。
s20170112044.jpg
年女大喜び。

まだ撮り切れていないものがやはり多くてもう一度行かなきゃなぁと思ってます。
門前の弁天堂と豊川稲荷の傍の池に亀がいっぱい居たはずなんだけど全然見かけなかった。
池の中に居るのかさっぱり居なくなってしまったのか。

目黒不動尊は見るところがいっぱいです。
お江戸の行楽地だけあるよ。
12年に一度秘仏が御開帳されるのでチェックですね。
酉年の今年はその御開帳の年(しかしいつって調べても出てこないんだよなぁ)。

公式サイト(PCから見ることを推奨) ⇒

タグ:目黒区 瀧泉寺 江戸五色不動

033 目黒不動尊 その2

つづきです。
その1 ⇒

瀧泉寺は仏像が多くてですね、撮ってたら結構な数になってしまったのでひたすら写真を貼っていきたいと思います。

独鈷の滝。
円仁が寺地を定めるのに独鈷を投げたら霊泉が湧き出た。未だに枯れることなく水が湧き出てるそうです。
水かけ不動に水をかけてお詣り。
s20170112015.jpg

お不動さんの後ろの竜から絶え間なく水が出ています。

大本堂裏の大日如来像を囲む四天王像。
南に増長天。
s20170112016.jpg

西に広目天。
s20170112017.jpg

北に多聞天。
暗くなってしまった。
s20170112018.jpg

東に持国天。
s20170112019.jpg


大本堂横の延命地蔵菩薩。
s20170112020.jpg

大本堂横の護衛不動尊。
s20170112021.jpg

鍾楼堂(写真撮り忘れた)のお向かいさんにある八大童子の山。
s20170112022.jpg

大本堂横の虚空蔵菩薩。
s20170112023.jpg

虚空蔵菩薩の横っちょの石の上の牛くん(かわいい)。
s20170112024.jpg
丑・寅年の守護本尊だから牛くんが居たのか。なるほど。
虎は見つけられなかったな。

降魔の三鈷剣with狛犬氏。
s20170112025.jpg

女坂の神変大菩薩(目黒区指定文化財)。
修験道の開祖、役小角。
s20170112026.jpg

これでもかなり撮りこぼしたものが…_(:3 」∠)_

まだつづきます。

タグ:目黒区 瀧泉寺 江戸五色不動

033 目黒不動尊 その1

1月12日、
大鳥神社にお詣りした後に山手通りを歩いて右に折れ、参道を歩いて目黒不動尊に向かう。
目黒不動尊も10年ぶりかなぁ。

正式名称は天台宗泰叡山瀧泉寺。
瀧泉寺は寛永寺の末寺で目黒不動尊縁起によれば、慈覚大師円仁が少年時代現在の地に宿をとった時神人の夢を見た。
その後円仁が唐に留学してある日長安の青竜寺を訪れ不動明王を拝んだところ、それが少年の頃に霊夢に感じた神人と同じ姿であった。
円仁は何か感じるものあって帰朝後不動尊像を彫刻しこれを目黒の地に安置したとか。
江戸庶民の行楽地であった。先日のブラタモリでも取り上げてましたねぇ。
江戸の朱引(こっからここまで江戸という線引き)からはちいと外れているけど人気行楽地だったので町奉行所管轄の墨引には入ってた。

仁王門。
s20170112001.jpg
仁王さんの写真は失敗しました(;∀;)

仁王門を潜って左手。
垢離堂。
青龍大権現をお祀りしている。
s20170112002.jpg

前不動堂。
東京都指定文化財。
s20170112003.jpg

前不動堂の奥に勢至堂があり、甘藷先生(青木昆陽。サツマイモを普及させた人)碑・北一輝碑・本居長世碑がある。

仁王門から右手。
梅が綺麗に咲いていた地蔵堂。
s20170112004.jpg

独鈷の滝にお詣りして男坂を上る。
s20170112005.jpg

大本堂。
s20170112006.jpg

s20170112007.jpg

酉年の守護本尊は不動明王。
今回の散歩は鳥に因んだ社寺をお詣りするのが目的ですので。年女だからね。
s20170112008.jpg

s20170112009.jpg

s20170112010.jpg
あちこちにかわいいイラストが。

大本堂を斜めに。
いやカッコいいねぇ。
s20170112011.jpg
傾斜地に建っているので懸造風。
天井には川端龍子の波涛龍図が描かれている。

裏に回って大日如来像と地主神にもお詣り。
大本堂の真裏なので写真はなしです。
墓地には青木昆陽のお墓(国指定文化財)があります。

女坂を下ってまた仁王門から向かって右手の方へ。
観音堂。
こちらも枝垂れ梅が綺麗に咲いてた。
s20170112012.jpg

阿弥陀堂。
本坊である。
s20170112013.jpg
御朱印帳忘れてきたのが痛いです(ノ∀`)アチャー

鈴懸の木。プラタナスね。
s20170112014.jpg
樹を撮るということはとても難しいです。
巨樹師匠みたいには撮ることは出来ない。

歴史諸々は目黒区のサイトが読みやすいかと。 ⇒

なにかがお好きな方にはなんか物足りないでしょ。
写真が多いので数回に分けます。
ひとつのお寺さんでこんなに写真撮るとは思わなかったという原因はまた後日。

つづきます。

タグ:目黒区 瀧泉寺 江戸五色不動

019 湯島天神

明日は山手線に乗ってGoだと言ったのに東京メトロ千代田線に乗ってGoしてた件。

上野で年一の呑み会があって行く前に上野に近いところを歩こうと思い付いて上野公園が直ぐに浮かんだけど、無駄に広いので尺的な問題でパス。
で、そう言えば湯島が近いことを思い出して行ってみました。

湯島駅から少し奥に入ったところにある湯島天神。
正式名称は『湯島天満宮』。
御祭神は天之手力雄命、菅原道真公。
雄略天皇2年1月、雄略天皇の勅命により天之手力雄命を祀る神社として創建されたと伝えられている。南北朝時代の正平10年(1355年)、住民の請願により菅原道真を勧請して合祀した。この時をもって正式な創建とする説もある。当の湯島天満宮では458年創建としている(wikiより)。

駅から近いのは表参道ではなく男坂女坂。
s20161126001

女坂。
s20161126002

男坂。
わたしはこちらから昇りました。
s20161126003

拝殿。
s20161126004

拝殿から時計回りと反対に回ってみる。

拝殿の妻。
季節折々の花が。
s20161126005

都々逸之碑。
s20161126006
境内には●●の碑が多いので見るとおもしろいかも。
世界の王さんの努力碑もあります。
泉鏡花の筆塚もあるよ。

拝殿の裏手にある摂社の戸隠神社。
s20161126007

戸隠神社の左隣、笹塚稲荷神社。
s20161126008

提灯大好き。
s20161126009

拝殿・幣殿・本殿の権現造。
s20161126010

途中日本庭園眺めて拝殿の前へ。
狛犬氏。
s20161126011

s20161126012

台座が素敵なんですよー。
s20161126013

手水舎横におわします撫で牛さん。
かわいいなぁ。撫で回してきた。
s20161126014

横から。
s20161126015

銅鳥居(東京都指定文化財)。
根元に狛犬氏も居ます。
s20161126016
写真を見てわかるように正面から鳥居は撮影出来ません。
車に轢かれます(;∀;)

好きでたまに足を運ぶ神社さん。
いつ行っても参拝客が多いです。今回も人大杉で撮り損なったものが多数。
特に受験前は大変混雑してます。
神様について何も知らなかった頃は受験といえば湯島天神と刷り込みされていたくらいで。
受験前に後輩が湯島天神にお詣りしてくれて試験の時持って行ってと授与品の鉛筆くれたなぁ。
そんな懐かしい思い出もある湯島天神でした。

公式サイト ⇒



湯島は昔花街、今はラブホ街である。
でも木造建築が今も残っている素敵な街なのです。

タグ:文京区 湯島天満宮

018 神宮外苑

わざわざ出て行こうとせずついでに行くのはよくないなと思いつつも、こちらも諸々あるのでそのあたりは許してくださいと誰に許しを乞うているのかはわかりませんがほんとごめん。


11月5日。

ちょうど敷地内に用事があるのでそのついでに写真を撮ってきた。
事前に軽く調べてる時に気付く。
『銀座線工事のため11/5~6は一部運休』と書いてあるじゃないですか。
外苑前駅は使えないということですね。
元々青山一丁目駅を利用しているので特に不便はない。

ほんのちょっとだけ早めに家を出て青山一丁目駅で降りる。
向かう先は神宮外苑。

正式名称は『明治神宮外苑』。
明治天皇崩御後、明治天皇の業績を後世までに残そうという趣旨で明治天皇大喪儀に際し葬場殿の儀が行われた青山練兵場跡地に寄付とボランティアにより建設された洋風庭園(1926年に完成)。
明治神宮の内苑に対して、外苑と呼ぶ(管轄は明治神宮)。

青山一丁目駅から青山通りを歩くと右手に神宮外苑名物いちょう並木。
s20161105001

s20161105002

s20161105003
いちょうは都の木です。

いちょう並木をひたすら歩くと突き当りに聖徳記念絵画館があります。
s20161105004

奥に行きたかったんだけど何かイベントをやっていてチケット買わないと入れない状態なので諦める。
こっちに名所と呼ばれているものが多いだけに残念。

用事が終わって(要は神宮球場で野球見てたんだけど)、またいちょう並木を歩く。
御観兵榎を見るにはちょっと暗くて今回はやめた。
青山通りに面したあたりにある明治神宮外苑之記。
s20161105005

説明板。
s20161105006

見られなかったところが結構あるのでまた歩きに行って追記か新たに記事にしてあげようと思ってます。

公式サイト ⇒


タグ:新宿区 明治神宮外苑

028 亀戸天神

10月29日。
友達と呑むので亀戸へ。
亀戸といえば亀戸天神。
待ち合わせまで時間があるので足を運んでみた。

…一度行ったきりなのでちいと道に迷った( ;谷)

s20161029001.jpg
何とか辿り着いたけどなんか違う。
横から入ってしまいました(;∀;)

正式名称は『亀戸天神社』。
下町の天神様です。
ご祭神は天満大神(菅原道真公)と天菩日命(アメノホヒ・菅原家の祖神)

正保年間(1644年 - 1647年)、菅原道真の末裔であった九州の太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐は、天神信仰を広めるため社殿建立の志をもち、諸国を巡った。そして1661年(寛文元年)、江戸の本所亀戸村にたどり着き、元々あった天神の小祠に道真ゆかりの飛梅で彫った天神像を奉祀したのが始まりとされる。
当時、明暦の大火による被害からの復興を目指す江戸幕府は復興開発事業の地として本所の町をさだめ、四代将軍徳川家綱はその鎮守神として祀るよう現在の社地を寄進した。そして1662年(寛文2年)、地形を初め社殿・楼門・回廊・心字池・太鼓橋などが太宰天満宮に倣い造営された。
古くは総本社に当たる太宰府天満宮に対して東の宰府として「東宰府天満宮」、あるいは「亀戸宰府天満宮」「本所宰府天満宮」と称されていたが、1873年(明治6年)に府社となり亀戸神社、1936年(昭和11年)に現在の亀戸天神社となった(wikiより)。

手水舎。
かめさん口からプシャー。
s20161029002.jpg

拝殿と東京スカイツリー。
s20161029003.jpg

太鼓橋(女橋)からの拝殿。
s20161029004.jpg

道真公、5歳。
s20161029005.jpg

神牛殿の神牛座像。撫で牛さんです。
s20161029006.jpg
あう、かわいい(*´ω`*)
わたしは撫で牛さんが大好きであちこちの天神さんにお詣りする度に撫でさせてもらってます。

16時半頃ですがご近所と思われる方々が結構お詣りに来てました。
s20161029007.jpg

池を囲むように藤棚があります。
s20161029008.jpg
暗くなってきたのでかめさん達と会うことは出来ませんでした。

太鼓橋(男橋)の袂から。
s20161029009.jpg

スカイツリーがよく見えるんですよ。
s20161029010.jpg

鳥居。
s20161029011.jpg

夕方且つ雨が落ちてくるというコンディションで写真もイマイチですね…。
そして急いで撮ったので設定間違っていたことにあとで気付きました(´;ω;`)

亀戸天神は藤まつりが有名で前のコンデジで撮ったので画質がイマイチですが(写し方もイマイチ)、2009年のGWに行った藤まつりの画像もあげますね。
s20161029012.jpg

s20161029013.jpg

かめさん's。
s20161029014.jpg

向こう見ると大勢様なのです。
s20161029015.jpg

天気も天気だったので急ぎ足でもうちょっと細かく見たかったですが、久し振りにお詣り出来てよかったです。
秋は菊まつり、年が明けて1月24~25日はうそ替え神事、2月には梅まつり…etcが催されてます。

公式サイト ⇒

タグ:江東区 亀戸天神社

003 東京駅と丸の内ビル街

先日8月13日の呑み会で大手町に行ったので流れで写真を撮ってきた。
見返したらなんか色んな意味でひどいのよ。
時間が経つにつれて酔っ払いだったので…(;∀;)

サンケイビルから東京駅に向かいます。
s20160813001.jpg

s20160813002.jpg

日本工業倶楽部会館(三菱UFJ信託銀行本店)。
側面から撮ってたので調べるのに手間取ったことは内緒だよ。
s20160813003.jpg

夕暮れの東京駅。
s20160813004.jpg

東京駅構内、ドーム内。
s20160813005.jpg

(ここから2軒目で呑み、相当酔っ払ってる)

夜の東京駅。
s20160813006.jpg

東京駅は言わずもがな東京の表玄関であるターミナル駅。
電車に乗ったら行きたいところには着くイメージ。

東京駅の対面、新丸ビルや丸ビル(多分)。
s20160813007.jpg

大手町方面へ。
s20160813008.jpg

土曜日の夜の大手町は静か。
s20160813009.jpg

丸の内界隈は三菱グループの本社ビルが集中していて三菱村とも呼ばれてます。
このあたりを歩いていると香川照之の顔思い出す(龍馬伝の岩崎弥太郎役。しかしドラマ自体は見ていない)。

酔っ払って写真撮っちゃダメだなぁと反省しております( ;谷)

タグ:千代田区 東京駅 丸の内

新東京百景

昨年の松の内にヒマぶっこいて調べものしていた際に見つけてほったらかして温めておいたものにぼちぼちと着手したいと思います。

『新東京百景』
東京に生まれずっと住んでいるので半分以上は足を運んでいるけど、改めて歩きに行ってみようと。
生活優先なので何かないとなかなか外出ないからねぇ。

新東京百景についてはwikiをご覧いただければ。 ⇒
順番通りには行けないのでタイトルにはナンバーと名称を記載。
あと、時間がないと本気で行けないところ(山・島・交通の便の悪いところ)はなしの方向で。
なのでカテゴリーは『ほぼ』をつけました。

時間はかかると思うけどぼちぼちやっていきたいと思いますー。
新東京百景以外の散歩は今まで通りカテゴリー『道草』にあげます。

s20160814001

●INDEX
≪区部≫
001 二重橋と皇居外苑
002 千鳥ヶ淵から日比谷
003 東京駅と丸の内ビル街
004 国会議事堂
005 日比谷公園
006 皇居東御苑
007 明神・聖堂・ニコライ堂
008 銀座通り
009 日本橋
010 浜離宮庭園
011 水天宮
012 歌舞伎座
013 増上寺と東京タワー
014 迎賓館(旧赤坂離宮)
015 泉岳寺
016 新宿御苑
017 新宿超高層ビルと新宿中央公園
018 神宮外苑
019 湯島天神
020 六義園
021 小石川後楽園
022 東大赤門と安田講堂
023 浅草寺と仲見世
024 上野公園
025 隅田公園
026 向島百花園
027 清澄庭園
028 亀戸天神
029 清洲橋と新大橋
030 品川神社
031 大井埠頭中央海浜公園とモノレール
032 潮風公園
033 目黒不動尊 その1その2その3その4
034 大円寺の石像群
035 本門寺五重塔
036 羽田空港
037 田園調布駅から多摩川台公園
038 等々力渓谷
039 駒沢オリンピック公園
040 世田谷代官屋敷
041 明治神宮
042 代々木公園と表参道
043 新井薬師
044 哲学堂
045 善福寺公園
046 サンシャインシティと都電
047 雑司ヶ谷鬼子母神
048 飛鳥山公園
049 旧古河庭園
050 荒川自然公園
051 東京大仏
052 石神井公園と三宝寺池
053 西新井大師
054 柴又帝釈天
055 水元公園
056 小松川境川親水公園
≪多摩部≫
057 高尾山
058 普済寺
059 成蹊学園のけやき並木
060 井の頭公園
061 御岳山
062 塩船観音寺
063 大國魂神社と馬場大門けやき並木
064 拝島公園
065 深大寺と神代植物公園
066 薬師池公園
067 小金井公園
068 玉川上水沿い自然遊歩道
069 高幡不動尊
070 北山公園
071 国分寺と国分寺跡
072 大学通りと谷保天満宮
073 田無山総持寺
074 東伏見稲荷神社
075 新堀橋付近の玉川上水
076 多摩川五本松
077 多摩湖
078 志木街道のけやき並木
079 竹林公園
080 野山北公園
081 天王森公園からの多摩ニュータウンと富士山
082 弁天洞窟
083 六枚屏風岩
084 羽村の堰
085 六道山
086 日の出山
087 秋川渓谷
088 奥多摩湖
089 払沢の滝
≪島嶼部≫
090 三原山
091 波浮の港
092 登龍峠の展望
093 南ヶ山展望台
094 羽伏浦海岸
095 カンビキ山
096 天上山の展望
097 ひょうたん山
098 御代が池
099 大凸部
100 南島