プロフィール

さかした/ふぁぶ

Author:さかした/ふぁぶ
現在、隠居気味の鳥の人。
日々ゆるく過ごしている。

野球、競馬、散歩、旅、食べ物のことばかり考えている。
読書が好きだけど日記にはほとんど出てこない。
鳥さまを溺愛。動物大好き。
長らく吸ってたタバコはやめ、酒は控え気味。
自転車、楽しい。
ぼちぼちと写真撮ってます。


*コメントはスパムと宣伝防止で承認制にしてますが書いていただけたらとてもうれしいす(TBも承認制です)
*画像と文章の無断使用・コピー等は当然禁止だ。


地味に更新中、【ほぼ新東京百景】。
概要とINDEXは⇒ こちら

日記とわたしについては⇒ こちら

よかったらぽちっと。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Tag

巣鴨  東京タワー バファローズ 脳梗塞日記 中山競馬場 浜松町 赤羽 京都 東京競馬場 上野 餃子 スワローズ 大塚 紫陽花 モカソフト ペコちゃん 神宮 ぬこさん 大宮 東京ドーム 長野 池袋 上野動物園 氷川神社 タイ料理 スノーシューイング 酉の市 仙台市 神戸花鳥園 中山グランドジャンプ  ファイターズ 三宮 ほっともっとフィールド神戸  ベイスターズ 中山大障害 水道橋 ランチ Bar カープ 芝大神宮 インド料理 読書メモ 善光寺 塩釜市 串揚げ 増上寺 ジャイアンツ 東京ジャンプステークス 大鳥神社 懐古園 小諸 ハマスタ カレー 忘年会 日本シリーズ 高崎市 ホークス  榛名神社 マリーンズ 大阪 宮城 府中 ポピー 都市対抗野球 銀座 福島競馬場 みかん氷 花粉症 ドーナツ たこ焼き 金木犀 金沢 中華料理  大内宿 温泉 西巣鴨 川越 京セラドーム ケーキ 仙台 百日紅 神社 日暈 CS 明石 イーグルス 天橋立 新幹線 かき氷 哲学堂公園 横浜 東芝 アサヒビール園 高田馬場 阿武隈急行 牡蠣 立ち呑み ライオンズ ドラゴンズ バス ことりカフェ ごはん 宝塚 ライオン 馬鹿祭り   盆踊り ジンギスカン パリーグ 目黒区  スカイツリー 新宿 瀧泉寺 神須牟地神社 伊根町 江戸五色不動 中華 宇都宮 鶏専門店 恵比寿 大崎八幡宮 王子 滝野川 国道17号 東京ハイジャンプ 会津鉄道 週刊プロレス 小松聖 亀の子束子 目黒 東京大仏 新大阪 柴田大知 半田屋 メガネ キャマタ 夕焼け 枝豆 散髪 東京駅 洗濯機 大手町 都市対抗野球大会 カープ鳥 下谷神社 日光 稲荷町 コメダ珈琲 志波彦神社鹽竈神社 山手線 有楽町 青山 結婚式 西勇輝 瑞鳳殿 東京ドームシティ カルディ 奈良 アポロマーベリック 縁切榎 とうもろこし 田町 出雲大社 中華街 鹿 躑躅 一の酉 梅田 築地 赤羽八幡神社 モロニ展 武井神社 神保町 寿司 指扇 指扇氷川神社 掛川花鳥園 名古屋 ブルーインパルス  写真 猿田彦大神庚申堂 湯たんぽ  オカメインコ 石巻  ハンバーガー 西本聖 七夕 丸の内 北戸田 広島 おにぎりアクション2016 あいぽん 伊勢神宮 スルッとKANSAI 二の酉 洋食屋 川崎 中野 祭り 長岡天満宮 韓国料理 鬼平 南禅寺 鶏の唐揚げ 梔子 岡駅 ブレービー  マエケン体操 ガスカートリッジ ばんてふ 五色沼 歌舞伎町 エビスコ酒場 玉川上水 六大学 酒場 香水 御徒町 ブレーブス 山形 豊川稲荷 新長田 裏磐梯スキー場 赤坂見附 チーズケーキ 本駒込 水絆創膏 おたま ぬこ殿 カレーうどん 目赤不動 食堂 鉄人28号 左沢 たまご焼き 海野宿 上山 人形町 スラィリー 上田 ハンドクリーム 浜町 イエローフォール 六文銭 水天宮 羽田空港 夏休み 3回忌 ロック座 三回忌 豚カルビクッパ 浅草 イタリアン 後楽園ホール グリーンカレー DDT 日本橋 8月 ハーバーランド 18きっぷ 長田神社 新東京正義乃士 筋肉少女帯 花粉 東京大衆歌謡楽団 スプリングゲント 四十九日法要 ぐりとぐら 金杉橋  竹芝桟橋 河津桜 汐留 白浜雄造 ソフトシェル 浜中俊 御神本訓史 王将 片町 焼き鳥 吉原寛人 JBC ホルモン おでん 北陸フリー乗車券 金沢競馬場 恋チュン こぶし 住吉大社 たこせん 岡山 仮面ライダー アンパンマン列車 味噌カツ 大阪駅  親分 梅雨 東京優駿 ズムスタ 出雲 マルゲリータ 戸倉 高速バス 花水木 灯台躑躅 ぜんざい うに丼 一畑電車 出雲市駅 日御碕神社 日御碕灯台 香林坊 石川四高記念文化交流館 日比谷公園 新橋 風邪 カメラ 鹿島神宮 読書 缶詰 真田幸村 ヤマハ 大阪ガス 西瓜  流鏑馬 松月院 フーターズ 焼肉 大久保 砺波 成人の日 やきう 塚原卜伝 震災 二荒山神社 宇都宮城 三光神社 お初天神 加賀温泉 とんかつ うどん 北前船の里資料館 藤子・F・不二雄 雪の科学館 尼御前岬 雨宝院 にし茶屋街 長町武家屋敷跡 橋立 ドラえもん 日暮里 山陽電車 湊川神社 須磨寺 空堀商店街 巳さん  アオイ科 天神橋筋六丁目 北浜 建築 辰野金吾 雨天中止 内宮 北向観音 千代田区 ポニー 別所温泉 くるり 三浦大輔 ビル 銭湯 ヤギ 東板橋公園こども動物園 誘導馬 フチ子さん 夏越の大祓 花火大会 天空のビアガーデンTerrasse 王子新道 東京第二陸軍造兵廠板橋製造所 深山神社 槻木駅 東池袋 東京六大学選抜 明治神宮外苑 聖の青春 文京区 湯島 湯島天満宮 新宿区 亀戸香取神社 白石 楽天Koboスタジアム宮城 ずんだ茶寮 白石城 ドラフト2016 亀戸天神社 江東区 五木食品 江古田 智恩寺 観光船 京都丹後鉄道 元伊勢籠神社 真名井神社 インフルエンザ 傘松公園 JR 御茶ノ水 宮城縣護國神社 瑞鳳寺 コボスタ宮城 仙台城跡 櫻岡大神宮 狛犬 ブラックサンダー 舟屋 五条 明石市立天文科学館 錦市場 錦天満宮 明石海峡大橋 ネルサイユ宮殿 給水塔 新青梅街道 八坂神社御旅所 水路閣 法要 宝塚歌劇団 四条 細見美術館 平安神宮 蹴上インクライン 京都市美術館 六本木 ウィスット・ボンニミット まるまつ 小和田アキ子 目黒不動尊 さいたま新都心 はいからさんが通る 回転寿司 代々木公園 神明神社 石ノ森萬画館 蔵造りの町並み フォー ベトナム料理 乗蓮寺 中院 喜多院 おにぎりアクション2017 川越氷川神社 大江戸和宴 セキセイインコ 大本願 大勧進 リハビリライド 練馬 マジンガーZ さざえ堂 すがも鴨台観音堂 高岩寺 子育神社 鳩森八幡神社 千駄ヶ谷 三の酉 西太子堂 太子堂八幡神社 ミャンマー料理 中野ブロードウェイ 板橋区 自転車 蕎麦 旧古河庭園 ハナミズキ アップルパイ チキン南蛮 ステーキ 若鳥の炭火焼き ナガミヒナゲシ フリージア 本郷 徳川慶喜 板橋 WBC2017 元浅草 椿 駒込 フレンチトースト 板橋宿 根岸 入谷 下谷 東京スカイツリー 東京ソラマチ 稲荷神社 見上げるビアガーデン 正岡子規 子規庵 中浦和 武蔵浦和 渋谷 花と緑の散歩道 マムアンちゃん 小野照崎神社 ノウゼンカズラ 仙台育英高校 本塩釜 ブライアント 練習 大正 大阪天満宮 皆既月食 恵比寿ガーデンプレイス 昼呑み 天神橋筋商店街 曼珠沙華 お彼岸 猿田彦大神 マリンフィールド 野毛 ずんだもち  ロイズ ウルトラセブン 芋煮汁 久保田貴士厩舎 又吉直樹 文學界 水炊き 宮尾登美子 御守  妖怪ウォッチ クリスマス あなごめし 道の駅ゆめランド布野 夜行バス 駅弁 宮島水族館 宮島 揚げもみじ 厳島神社 稲葉篤紀 外宮 夏の陣 茅の輪 カープ女子 おみくじ お盆 神戸空港 お遣い   新中野 品川 台湾料理 大沼 滝野すずらん丘陵公園 京都競馬場 戦場ヶ原 春日大社 興福寺 室津 三ノ宮 551 賀茂神社 姫路城 チロルチョコ 姫路おでん 大丸 心斎橋 雪丸 達磨寺 王寺 ビール 甲子園 難波 高校野球 茶漉し オオハシ NTT西日本 明石焼き 西宮神社 大森海岸 しながわ水族館 虎ノ門 KITTE 黒ラベルビアガーデン 西宮 ライナ ロッテリア 花のみち 富士山 宝塚大劇場 手塚治虫記念館 JR宝塚線 阪急宝塚線 長靴 森本稀哲 東北新幹線 宮城県 とり野菜みそ 仙石線 鹽竈神社 御釜神社 志波彦神社 プリッツ 菊花賞 魚の棚商店街 白雲社 うちっかわ 明石城 明石公園 富士S 弁当箱 東京 朝顔市 かえる 栃餅 ねぎそば ポン酒 大内ダム 弥五島温泉 湯野上温泉駅  高倉神社 那須高原SA 東北道 インコ チーズドック 塔のへつり 櫻木姫 スノーシュー ふくろう バードショー 本郷三丁目 旧中山道 豆乳 春日通り 西武線 東京ジャンプS 後楽園 日本ダービー 仲宿商店街 元町 パンケーキ ペンギン 南京町   館林 東京ドームホテル 

亀乃甲漁友会スノーシューイング部+写真部in大内宿 その8

大内宿から大内ダムへ。
当初大内ダムの方まで歩く予定だったんですよ。
でもあの斜面見たら無理だね。
その前に立ち入り禁止だから無理なんだけどな。
せっかくだからダム見ようということになりました。

道路は雪の壁が出来ていてなかなか見られそうなところがなかったが一ヶ所ありました。
壁もそこだけ削られていた。
20150207006-1.jpg
半分くらい凍ってるけど全部ってわけではなかったか。
わしは全部凍ってるものだとばかり( ;谷)

ダムからまた移動。
茅葺屋根の駅舎、会津鉄道の湯野上温泉駅へ。

ほんとに茅葺屋根だっ(大内宿に行く途中遠目に眺めましたけどね)。
20150207006-2.jpg

丸ポスト健在。
いいねぇ(・∀・)
20150207006-3.jpg

駅舎内に入ります。
20150207006-4.jpg

囲炉裏があるんですよ。ちゃんと使用してるんですよ。
20150207006-5.jpg

ちょしちゃんとわしが心惹かれた一玉200円のキャベツ。
スーパーで見かけるものよりでかいんですよ。
ふたりで半分にしてもらえるのかしらとか言いながら見てました。重いから買わなかったんですけどね。
重くても買えばよかったかなぁと帰宅してから後悔。
20150207006-6.jpg

駅舎の前にある店らしき建物の軒先にあった鞍。
他にも色々置いてあった。
20150207006-7.jpg

時刻表見たらちょうど電車が来そうな時間だったのでまた即席撮り鉄になる。
上りが来た。
20150207006-8.jpg

続いて下りも。
20150207006-9.jpg
単線なのでここで交換なんだね。

すれ違い。
20150207006-10.jpg
行きも帰りも電車見られてうれしいな。
会津鉄道かわいいし。

電車で盛り上がって次の行先は温泉。
弥五島温泉郷の湯で温まりました。
330円で源泉かけ流し、素晴らしいなぁ。
石鹸シャンプーの類は置いてないけど自分で持って行けばいいわけだし。出かける際お風呂セットはいつでも準備してあるぜ。

温まって待ち合わせ場所だった大宮に戻ります。
あ、また羽生PAに寄ったw
20150207006-11.jpg

大宮で解散。
皆様お疲れ様でした。隊長、運転とプランいつもありがとうございます。
今回は雪歩きと観光どっちも楽しみました!

今回の残念。
スノーシューが壊れた。

今回の反省。
ザックはある程度入るものを使う。
シューが壊れたと言ってもやはり体力なさすぎ。直ぐに筋肉痛だった。
写真はカメラ任せで白飛び多過ぎだろ。他力本願だし。もうちょっといじりなさいよ。

大内宿はおにいちゃん含めかわいいものが多かったなぁ。
スポンサーサイト

タグ:大内ダム 会津鉄道 湯野上温泉駅 弥五島温泉

亀乃甲漁友会スノーシューイング部+写真部in大内宿 その7

消火栓。
前には水路。
20150207005-11.jpg

20150207005-12.jpg

かえる。
20150207005-13.jpg

20150207005-14.jpg

20150207005-15.jpg

あかべぇの手拭いを買った。
みんなで色違いのお揃い。
もう付き合っちゃいなよのレヴェルw
あかべぇとは会津のマスコットキャラクター ⇒ かわいいよ(・∀・)

軒先でおせんべいを売ってるお店できんぴらごぼう味の揚げ餅買った。
お店のおにいちゃんかわいかった。たとえるならとってもかわいい内川聖一w

を、またかえる(・∀・)
鳥ちゃんも居るよ♪
20150207005-16.jpg

営業部長。
よく働いてたね(*´ω`*)
20150207005-17.jpg

軒下の氷柱。
20150207005-18.jpg
ぼーっとしてると雫が頭にw

大根だよな。いっぱい干してた。
たくあん用かな?
20150207005-19.jpg

ポン酒の試飲をやっていたので女ふたりで参戦。
店のおとうさんに色々呑ませてもらったわよ。
わしはどぶろく好きなのでもっと呑みたかったね(買いなさいよ
隊長は試飲してる我々にどれが美味しいか聞いてお土産に買ってましたよ。

酒樽とかえる。
かえる多いな。何か謂われがあるのかしら?
20150207005-20.jpg
ふふ、かわいい。

なんか気になって撮りたくて、でもなかなかピントが合わなくて悪戦苦闘してやっと撮れた風景。
20150207005-21.jpg
もうね、自分のダメさ加減が炸裂してましたね。
ちょしちゃんにどーすりゃいいのか聞いてたし。なんて他力本願。ごめん。
悪戦苦闘してこんな程度ですよ、ええ…。
でも嫌いじゃない。

大内宿で雪歩きしていい景色見て美味しいもの食べてお店見て、めいっぱい楽しみました。
さんきゅ、大内宿。   つづく。

タグ:大内宿 かえる ポン酒

亀乃甲漁友会スノーシューイング部+写真部in大内宿 その6

大内宿の町並み。
会津西街道の宿場として寛永20年(1643年)に開かれたとか。
重要伝統的建造物群保存地区です。

扇屋の蔵。民宿なんだって。
扇屋で夢で逢えたらを思い浮かべた人はきっと同世代ですねw
20150207005-1.jpg

本陣跡。町並み展示館になってます。
20150207005-2.jpg

20150207005-3.jpg

お店は流石にどこが何処かほとんど覚えてないから説明なしで( ;谷)
20150207005-4.jpg

20150207005-5.jpg

20150207005-6.jpg

かまくら。店の前にあちこちで作ってましたよ。
お祭り用かな(毎年2月の第2週土日は雪祭りです)。
20150207005-7.jpg

店先に座るばあちゃんがすごくかわいかったんだよな。
写真撮りたかったけど人だかりが出来ていて。
違う店の脇に腰掛けてたばあちゃんがいい味出してたので。
20150207005-8.jpg

ゑびすやの蔵。
20150207005-9.jpg

火の見櫓。
20150207005-10.jpg

つづく。

タグ:大内宿

亀乃甲漁友会スノーシューイング部+写真部in大内宿 その5

ごはんの前に大内宿全景が見える見晴らし台へ。
行く途中にお寺さんが点在している。
20150207004-1.jpg

20150207004-2.jpg

お茶碗に雪が(;・∀・)
20150207004-3.jpg

見晴らし台到着。
あとで気付いたんだけど飛行機雲が空にすーっと。
20150207004-4.jpg

ジオラマみたい。
20150207004-5.jpg
見晴らし台は人気あるのでさっくり写真撮ったら直ぐにどいた方がいいね。

20150207004-6.jpg

20150207004-7.jpg

かわE。
20150207004-8.jpg

20150207004-9.jpg

お待ちかねのごはんタイム。
最初から食べるもの決まってますからね。
遅めのランチだったのでお客さんも少なくのんびりと。

囲炉裏と思いきやストーブ。でもこれいいね。
20150207004-10.jpg

運転手さまの隊長と大宮まで車で来たjoeさんを差し置いて女達は瓶ビールを呑み始めるw
あーうめえ。
食べてみたかった栃餅も。きなことごま。
20150207004-11.jpg

ほどなくねぎそばキタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_-)=゚ω゚)ノヨォ━━━!!!!
20150207004-12.jpg
ねぎは子孫繁栄を願ったもので、この蕎麦は婚礼などおめでたい席で板長がそば口上をしたのちに振る舞われたものだそうですよ。
このねぎで蕎麦食べるんだ。箸の代わりだからねぎが曲がってるんだ。
かっ込むように蕎麦を食べてねぎを齧るように教わりました。
非常に難しいですwww
途中までねぎで食べてあとはお箸でいただきました。
ねぎが半分行かないくらいから辛いんだよ…ヒィィィィ。
おつゆは甘め、お蕎麦は腰があって美味しかったです(・∀・)
しかしねぎは流石に完食出来なかったなぁ、辛くて。
ビール呑んで結構蕎麦で腹いっぱいになってから餅食べてすんごい腹が膨らむといふ。
栃餅が温かくて柔らかくて美味しくてすごく気に入ってしまいまして、これはまた食べたい!
しかし餅ビー(餅とビール)は危険。

ビール呑みながらまったりと。
神棚と仏壇が仲良く一角に。
20150207004-13.jpg
仏壇のお供え物がとてもトロピカルです…。
ちょしちゃん、めっちゃ食い付いてたわw

席から望む売店の様子がなんかよくてね。
20150207004-14.jpg
ジャージと迷彩も入ってますが、お気になさらず。

お蕎麦をいただいたお店 ⇒

お店の造り、いいよなぁ。
こういう家に住みたいんだよね。日本家屋大好き。  つづく。

タグ:大内宿 ねぎそば 栃餅

亀乃甲漁友会スノーシューイング部+写真部in大内宿 その4

更に進んで行くと立ち入り禁止の区域。
その手前で登って遊んだり。
joeさんはお尻に敷いて滑るのを持ってきたのでみんなで早く滑るところ見せてと煽るw
20150207003-12.jpg
雪が柔らかすぎて滑らないんだな、これがwww

わしも登ろうと思ったが思うように上がることが出来ない。
自分ヘタレだからな。
下で見てると泣きが入りましたがな。

空を見上げたら日暈。
前に仙台辺りで見たのより遥かに大きい。
20150207003-13.jpg
隊長と対比してもわかる大きさ。

↑はあいぽんで撮影したので、デジイチで撮影したのが酷くてな( ;谷)
酷いけどエフェクトかけたらなんかおもしろかったので載せます。
20150207003-14.jpg

山女、カコイイ。
20150207003-15.jpg

遊びまくったので戻る。
聞こえるのは風と川の音だけ。
静寂の世界堪能。
20150207003-16.jpg

櫻木…の石碑の上に行ってみた。ここは登れた。
木の下には櫻木姫…という石碑。
お墓のようだ。手を合わせる。
20150207003-17.jpg
『後白河天皇の第二王子である高倉宮以仁王は、治承四年(1180)源頼政と共に平家追討のために挙兵しますが、宇治川の戦いで敗れ亡くなっています。
しかし大内地区には、以仁王は戦禍を逃れて無事に都を脱出し、ここ大内に数日間滞在した後、再び越後国を目指して旅立って行ったという伝説が残っています。
櫻木姫は、以仁王の後を慕って大内まで辿りつきましたが、長旅の疲れからこの地で倒れ、周囲の手厚い看護も空しく十八才の若さで、ここ大内で亡くなったということです。遺骸は村人によって手厚く葬られ、姫の名にちなんで墓の傍らには桜の木も植えられたといいます。
以後、この辺り一帯は、御側原と呼ばれるようになり、現在も字名として使われています。
この桜は、最近植替えられたものですが、春には姫の死を哀れむように、毎年可憐な花を付けるようになっています。』
と、いう案内板の説明。
桜の木、まだ小さいが蕾が膨らんでいた。

長閑。
田圃かな。
20150207003-18.jpg

とにかくまっさらな雪の上で寝転びたい人。
20150207003-19.jpg
わしは今回はやらなかった(普段は率先してやる)。多分カメラ死守したかったんだと思うw

もふもふぎゅっぎゅと歩いて登ったり下ったりのスノーシューイングは馬頭観音の手前でおしまい。
スノーシュー脱ぐ時に気付いた。
壊れてるじゃん(;∀;)
20150207003-20.jpg

わかりやすいように接写。
つま先入れるところが割れてしまいました、両足共。
20150207003-21.jpg
これは自分がヘタレだからじゃなくて壊れていて登れなかったんだな…。
うん、歩いていてちょっとおかしいとは思ったんだ。今まで雪だんご(シューに雪が詰まること)すらなかったのに、今回異常にだんごになってたし。
10年以上の付き合いの相棒よ、ありがとう。今まで荒い使い方してたのにがんばってくれたもんな。流石に淋しい(部品交換出来るならしますけどね)。

シューは壊れたけど、楽しかったです。ありがとうございました。
20150207003-22.jpg

20150207003-23.jpg

20150207003-24.jpg

我々は茅葺屋根の町並みに戻る。ごはんですよ。  つづく。

タグ:スノーシューイング 日暈 櫻木姫

亀乃甲漁友会スノーシューイング部+写真部in大内宿 その3

塔のへつりから大内宿に向かう途中沢山の蔵がありまして車中で悶えてたわたしです。
一応部活では建物担当らしい(急に決まった)。

大内宿到着。
駐車場代はシーズンオフなのか300円。出る時に係の人に払います(通常は1000円らしい)。
駐車場で用意。オーバーパンツ穿こうか悩んで、天気いいし思ったより寒くないのでやめ。

をを、茅葺屋根の羅列。
20150207003-1.jpg
町並みはまた後程。

1404671493_16.jpg
(自分の画像はあまりメンバーが写ってないので画像はjoeさんにお借りしました)

高倉神社、一の鳥居。
高倉神社は高倉宮以仁王を祀る鎮守さま。
平清盛に反旗を翻して戦死したが東国生存説があり大内宿にも潜行したという伝説があります。
奥に本殿があります。時間の関係でお詣りは出来ませんでしたが、またいずれ。
20150207003-2.jpg

茅葺屋根の町並みを抜け進んでいくと結構お宮さんやお堂がありました。
20150207003-3.jpg

20150207003-4.jpg

飛行機飛んでたー。
福島空港に向かうのか何処かに飛んで行くのか。
20150207003-5.jpg

馬頭観音。
20150207003-6.jpg

お地蔵さん。
寒くないかな?
20150207003-7.jpg

足跡が無くなったあたりからスノーシューを履き歩きます。
今回は自分達で作るランチはなしなので荷物少ないから20Lのザック使用ですが、このザックはスノーシュー括り付けることが出来ないのをすっかり忘れた痛恨のミス。
なのでケースに入れて持ち歩いてそのケースをザックに入れるのに苦労したというね…。
ザックにはみんなで食べるおやつが入ってたんだよ…。
20150207003-8.jpg
大内ダム方面に向かって歩きます。
奥の方に見える斜面の更に奥がダムです。

前が隊長、後ろがわしですわ。
暑くてソフトシェル脱いだらすごい地味なカッコになってしまった…。
そして日焼け止めを塗り忘れた痛恨のミス、その2。
1404445023_167.jpg
(自分の画像はあまりメンバーが写ってないので画像はちょしちゃんにお借りしました)

櫻木…?
20150207003-9.jpg
奥の木と関係あるのかな。

橋は欄干までしっかり雪が積もってる。
20150207003-10.jpg

まっさらなところを歩くのは楽しいんですよ。
20150207003-11.jpg

つづく。

タグ:大内宿 高倉神社 スノーシュー

亀乃甲漁友会スノーシューイング部+写真部in大内宿 その2

いくつかのトンネルを抜けすっかり雪景色になりメンバーのテンションがどんどんアゲアゲになっているところで寄り道する。
今回は色々見て写真部活動もしようということに。
joeさんが前々からおすすめしているところで、隊長も行ったことあるとか。
横道に入り会津鉄道のかわいい駅舎を見て到着。

塔のへつり。
へつりとは断崖のことなんだって。
2015020702-1.jpg

本来なら吊り橋を渡ってへつりに向かうのですが、雪で立ち入り禁止。
20150207002-2.jpg
さかした、実は吊り橋が非常に苦手で行く前から渡るの嫌だから待ってると言い張ってました(ボソ

氷柱が綺麗。
joeさんから前情報をもらって当日にどうも短いらしいとまた情報をもらいましたけど、充分綺麗だった。
20150207002-3.jpg

すげえの一言。
20150207002-4.jpg

袂にも氷柱。
20150207002-5.jpg

塔のへつりに到着する前に電車通ったらいいなーなんて言ってたら、車に乗って移動した途端に踏み切りが降りてほんとに電車来たんですよ。
塔のへつり駅に停車したので車を降りてみんな即席の撮り鉄w
20150207002-6.jpg

ちょっとフォーカス甘いけど。
20150207002-7.jpg

かわいい2両編成。
2両目は赤だった。
20150207002-8.jpg

塔のへつりの詳細やアクセスに関してはこちらを ⇒

今回の部活は既に楽しい。  つづく。

タグ:塔のへつり 会津鉄道

亀乃甲漁友会スノーシューイング部+写真部in大内宿 その1

(色々後回しであげてく)


2月7日。

久し振りの部活。
一昨年はメンバーのお仕事の関係で行けなくなったが、それは生きて行くために大事なことなのでなんも問題はない。
昨年は記録的な大雪で関東圏もすごいことになり、なんでこの日なんだとあちこちでツッコミが入るほどがっかり。雪害にも心痛めたしな。
大内宿には一昨年から行くはずだったのでリベンジのリベンジです。3度目の正直でやっとですよ(号泣

コンタクトが起きて直ぐに入らないので早めに起きて暫くしてから入れるために4時半起き…。
眠りも浅く、金子千尋投手に古民家みたいなところで散髪されるという不思議な夢見るし。

6時前に家を出る。
好きな夜明けの風景。
20150207001-1.jpg

しかし背後では月が綺麗です…。
20150207001-2.jpg

7時に大宮駅で待ち合わせ。
駅でトイレに行って待ち合わせ場所に行ったらjoeさんが待ってた。
ちょっと経ってちょしちゃん到着。
隊長が待つ駐車場に移動して全員揃った。

岩槻ICから東北道に乗り蓮田SAで一度目の休憩。
また走り出したら事故渋滞ですよ…。
事故現場通ったら追い越しかけた車がぶつけてその後玉突きみたいな感じだったな。中央分離帯に沿って車が何台も止まってた。

渋滞抜けたら快適で暫し走って降りる前にある最後のSA、那須高原SAで朝食食べたり。

この子達は不滅ですな。
20150207001-3.jpg

那須高原豚のチーズドック。がっつりいただいた。
20150207001-4.jpg
( ゚Д゚)ウマー
530円でちょっと高いなと思ったけど、お値段通りの味とボリューム。満足。

白河ICで高速を降りてちょっとしてから国道289号に入りひたすら走る。
IC辺りから暫くは雪がなくなんとなく不思議だったが、やはり山に入ると結構積もってましたね。

車窓から山を望む。
20150207001-5.jpg


画像が多いので数回に分けてうpしますー。  つづく。

タグ:東北道 那須高原SA チーズドック

悪天候(備忘録かな)

2月12日。
20140212001.jpg
8日の降雪でまだまだ冷えるが空は穏やか。
ビルに雲が映る。

打って変わっての2月14日。
朝から外は真っ白( ゚Д゚)
また降る降る詐欺だと思っていたんだが予報は当たりましたがな…。
職場の方は街なので地面が濡れてる程度だった。
午後になると雪は激しくなる。
帰路に着いて自宅に近づくにつれ雪は横殴り。
20140214001.jpg
当たると痛い。
8日の雪とは違い水分を含んだ雪なので濡れますなぁ。

帰宅して家事の合間縫って天気予報を見る。
久し振りにウェザーニュースの放送を見たわ。
交通情報もマメに確認。
15日に大内宿にスノーシューイングしに行く予定だったのでとても気になっていたのだ。
週頭から14日15日の天気が本当に怪しいものとなってきたので14日今日が明日にならないギリギリの時間に行くか行かないかを参加者とネットを使って相談することになった。
天気は見るTV局や媒体によって微妙に違っていて会津が雨になってるものもあった。スノーシューイングで雨は一番最悪の天気ですよ(´・ω・`)
荷物は用意してあとはパッキングするだけだったんだけど、なんともな状況なのでパッキングは出来なかった。
20時頃には高速が続々通行止め。
で、北関東方面にお勤めの隊長が通常1時間半で帰れる道程を3時間かけて帰宅したとのこと。
悪天候は北上しているので一緒に進むことになるし、山の方の道も通行止めになる恐れがあるし、早朝に電車も道も復旧しているとは思えないので安全第一で中止となった。

持って行く予定だったシューラスク。
美味しいからみんなと食べたかったなぁ。
20140214002.jpg

1日遅れだけどチョコレートも用意してたんだ。
20140214003.jpg
全部わしと家長の腹の中に納めます…。


起床してあいぽんの電源入れたらがっつり運行状況メールが着た。
結果論なんですが、前日決めなくても中止でした。
電車組は先ず待ち合わせ場所に辿り着けなかったんですよ。

今までの部活でなかったパターンです。
早朝天気が怪しく目的地は大丈夫で遊んでいる間に東京で結構な雪が降ってたことはありましたけど。
今年関東は雪の当たり年みたいな。今回は台風みたいな天候だったし。
みんなの都合がなかなか合わなくてやっと合わせられた日だっただけにちいと悔しいし淋しい。

わし、2シーズン雪歩きしてないわぁ(隊長もな)。
来冬またリベンジやっ!



関東(主に町というところ)の雪って水分含んでいて降った翌日には融けてしまうパターンがほとんどだからここまで降って残るのは本当に珍しい。
15日の気温予報が東京は12℃とかだったけど、ちいともそんな温度じゃないわ。さぶいわ。だから融けない。
日中は近所の人達と一緒に雪かき。

出かけなければならない人達は本当に大変だっただろう。
雪の中荷物を届けてくれた宅配便のドライバーさん、本当に感謝します。
交通機関を復旧させてくれた方々にも感謝してます。今復旧に勤しんでる方々にも感謝を。
大雪で孤立しているところが早く復旧されますように。無事でありますように。

北からの目線も2週続くと飽きるよな。
同情している風だけどバカにしているのとかイラついてるのとか。
なんだそれ。
まるっきり違うものを同じように見ても仕方ないのに。
そこに居なきゃわからないことなんていっぱいだよ。

タグ:スノーシューイング

亀乃甲漁友会スノーシューイング部inイエローフォール

2月19日 日曜日。
待ちに待った日が来ました。
もう1年前からみんなで決めてたんだもんね!
イエローフォールに会いに行くのです。

今回の参加者:卓球隊長、ちょしちゃん、なをちゃん、Kazutakaさん、ふぁぶ
大宮駅に7時に集合。
隊長の車で裏磐梯スキー場を目指します。

関東圏はとてもいい天気なんですが、北上すると雲が…。
車窓から望む山には雲が…。
うん、裏磐梯スキー場の天気は微妙と週間予報を日々チェックしていてわかってたことなのです。
だから行くまでドキドキだったのです。
しかし青空担当のちょしちゃんが居るので大丈夫!(多分

雪が舞う中、裏磐梯スキー場に到着。
駐車場で準備してスキー場の方にゲレンデまで連れて行ってもらいました。
イエローフォールに会うには先ずリフトを2本乗らなければいけないのです。
CA3D0209.jpg
ぢつはわたくし、リフト乗るのがこれで2回目なんです。
前乗りしたjoeさんからリフトから降りたら直ぐに走れと指令が出てました。
一番の難関がリフトだったとは…(;つД`)
ええ、すごく緊張しましたよ。
降りる時必死でしたよ。
それを見たちょしちゃんに動画に撮りたかったと笑われましたよw
2本目は係の方のアシストもあってすんなり降りられましたけどね。素敵だったわ、アシスト。
そしていつもよりアウェー感がまるっきりなかった!
スノーシュー人口めちゃめちゃ多いんだもん。

P2190934.jpg
ここから歩きます。
戻ってきた和かんのおじさんに『ツボ足でも歩けるぞ』と言われました。
スノーシュー人口多いから雪が固まってるのよねん(´・ω・`)

雪降る中のスタート。
P2190935.jpg

少し歩くと銅沼(あかぬま)に入ります。
P2190937.jpg

雪でうっすらとしか向こうが見えないけど銅沼撮影したり、撮影している人を盗撮したりw
P2190939.jpg

P2190940.jpg

Kazutakaさんのシューの具合を見るオカン・なをちゃん。
P2190943.jpg

銅沼。そして向こうに磐梯山(しかしよく見えぬ)。
P2190944.jpg
銅沼をもふもふ歩く。雪質が非常に良いのではしゃいで走ってた@わし
戻ってきたツアーのガイドさんに真中は氷が薄いから端を歩くように教えてもらいました。

向こうに青空が!
ををを、ちょしちゃんの青空パワーだ。もうちょっとがんばって!
P2190945.jpg

銅沼を抜け暫し歩くと急登の岩場になります。
でものんびり歩けば特に問題ないかなぁ。
1158607566_216.jpg

岩場を登り切ると目の前に磐梯山が広がります。
絶景絶景絶景かな。
1158608688_100.jpg

登り切って少し下ると雪原。
そして見えてきた!
P2190948.jpg

先客さん達が腰かけてゆるりと見ている中、近くによってガン見しようぜ!
P2190953.jpg

写真撮るわよっ。
P2190956.jpg

どーん!
会いたかったぜ。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)
10年来の願い叶いました。
やっとですよ…。
いや、圧巻。
そしてちょしちゃんの青空パワー全開で晴れた!
P2190958.jpg
イエローフォールをバックに記念撮影したり、じっくり見つめて堪能したり。
あぁ幸せ。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

イエローフォールとお別れして銅沼の手前でランチタイム。
今回はチーズ鍋。スープは隊長オリジナル。
P2190960.jpg

なをちゃんがリンゴのコンポートを作って来てくれた!
P2190961.jpg

今回は何もしないでお道具用意しただけですまんな。
お任せしちゃいました(ほんとごめん)。
P2190963.jpg

出来上がり。
持参したパンを浸していただきますっ!
美味いっす。隊長レシピは外れない。・゚・(ノД`)・゚・。
CA3D0211.jpg

鍋を食べたらデザートのなをちゃんのリンゴのコンポート。
これまた美味い。リンゴとレモンとワインがどれも邪魔せず引き立たせてる。
CA3D0212.jpg

今回もちょしちゃんにこーしーを点ててもらいました。( ゚Д゚)ウマー
おやつは持参した伊澤いちご園のクレープケーキ。
CA3D0217.jpg

ランチが終わったらスタート地点に戻ります。
ばっちり青空。すごいすごい(・∀・)
後ろを振り向くと磐梯山がくっきり。綺麗すぎる(ウットリ
スタート地点に戻ったら脇の林の中を歩きます。
しかしこのテントはなんだ?(中にはテーブルとイスがあった)
P2190967.jpg

道なき道を歩く。急斜面はシリセードでガンガン滑る。
1158612522_46.jpg

1158612522_64.jpg

1158613692_85.jpg

川もガンガン歩いて渡っちゃう。
1158613692_210.jpg

川を渡ってちょっと行くと車を止めた駐車場。
お疲れ様でしたー!
歩いた後は猫魔ホテルの温泉へ。
温泉より休憩所の方がすごく熱かった謎。

予定より1時間くらいオーバーで大宮へ向かう。
21時過ぎに大宮到着。
皆様お疲れさまでした。
楽しかったねー。楽しくてずっと笑いながら歩いてたねー。笑顔通り越してたねw
多少アクシデントもありましたが(隊長が逆の方向に車走らせたり、Kazutakaさんのシューがなかなか巧くはまらなかったり)、ネタ的にはすんごいおもしろいわw
行こうと思えばいくらでも行けることは出来たけど、行きたいって言った人達と行かなきゃ意味がないと思ってた。
だから一緒に行けてとてもうれしかった。
みんなで行くことが出来てほんとよかったー(・∀・)

爪が弱いので直ぐに割れてしまうから必ずスノーシューイングに行く前にマニキュアを塗る。
イエローフォールに合わせてイエローゴールドにした。
遊び終わるとマニキュアは傷だらけではげちゃうし、指先も寒さと雪でバチバチ切れちゃうけど、そんなの気にならないくらい楽しかったんだよ。
CA3D0218.jpg

※画像の一部はちょしちゃんにお借りしました(後半特にテンション上がり過ぎて写真どころではなくなっていたw)

タグ:スノーシューイング 裏磐梯スキー場 イエローフォール