FC2ブログ

Bon Voyage

20160505001.jpg


日記をあげようかどうしようか悩んであげる。

昨夜22時過ぎに16年一緒に生活してきたぷーちん親分が旅立ちました。
昨日の午前中は元気よく遊んで、そのあともいつもどおり過ごしていたので急すぎてなんとも言えぬ気持となってます。
ただ高齢だし兆候もあったので覚悟は出来ていたけどな。
止まり木からから落ちて無念と言った顔をして家長の手の中で眠りについた。ほんの数分の出来事。
親分は相当今までがんばったと思うんだ。
親分を譲ってくれた友人にメールでお知らせして鳥好きの友人にもお知らせして。
今日は義父の法要があったので日の出とともに起きて親分とお別れした。
義父が酉年生まれでもしかしたらお迎えに来たのかもなぁという話を家長と法要が終わってからしてました。

16年も一緒に居たしその時間は濃密なものだと思ってるので言葉では言い表すことは出来ないが、少なくてもわたしは一緒に親分と居られて幸せだったね。
かわいらしくて男らしくてカッコよくて慈愛に満ちた子でしたよ。

お別れする時、『旅が落ち着いたらいつでも戻っておいで、待ってるよ』と声に出してました。
また会う時まで、良き旅を。
関連記事
スポンサーサイト



コメント 6件

コメントはまだありません
文殊

辛いなぁ。
動物を飼うと言うことは、かならずお別れしなきゃ
ならないわけで・・・自分らが見送らなきゃいけない
責任があるから、見送れると言うことはある意味
幸せなことなんだけど、死ぬほど悲しいし寂しいよなぁ。

年齢的にも大往生だったと思うし、大往生だったのは
それだけ快適で穏やかな環境だったからだと思う。
親分は幸せだったと思うな。
きっとまた会えると思うよ。
姿は変えても、会いに来てくれると思う。

  • 2016/05/15 (Sun) 23:06
  • 返信
-
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/05/16 (Mon) 07:57
  • 返信
さかした
★もんじゅのすけ氏

コメントありがとございますー。

うん、辛いね。
何度も見送ったけどこればかりは慣れないというか慣れたくないな。
自分のところにお迎えするということは看取ることも含めてのお迎えだからね。
ひとりになると涙ダバーっと流れてくるのでなんかもうね。
悲しい顔すると9歳児達が何か感じとっちゃうから普段は普通の顔しておく。

16年も一緒に居てくれたんだよ。すごいよね。
父ちゃんが無意識にぷーちんの名前呼んでしょぼーんとしているのもなんか辛くてな。
またうちに戻ってきてくれるといいな。入れ物はわしが見つけやすいかわいいのにしてくれればなんでもいい。
小さい生き物は転生も早いらしいですよ。

  • 2016/05/16 (Mon) 15:35
  • 返信
さかした
★鍵コメさま

コメントありがとございますー。

お気持ちは充分伝わりましたよ。
お心遣いありがとございます。
写真もかわいいけど実物もとてもかわいかったのですよん。フフ。

  • 2016/05/16 (Mon) 15:39
  • 返信

親分のご冥福を祈ります。
しかしそう、すぐに生まれ変わるさ。
また出会いたいけど、生まれ変わった先で幸せになってくれればそれでもいい。
というか、俺が次、お前みたいな姿で生まれ変わるかもしれないしね。
……なんて、僕も小さきものを見送るたびに魂というものを考えたものです。
それを考えさせてくれるだけでも、命というのは偉大だなと思うんですね。
日常頂いてる命も含め、大事に思っていかないとと思います。

さかした
★狛さん

コメントありがとございますー。

長い付き合いですので友人達やネットでお付き合いある方々にも長くかわいがってもらった親分です。
あまりにも相思相愛だったので生まれ変わっても他には行ってほしくないという我儘でございます。
今度会う時は互いに同じ種類の生き物になりたいと思ってます。彼は理想の男の子ですし。
親分が旅立ち先代の子達のことも一緒に思い出されます。やはりかわいくて心から尊敬してました。

命というものは身になり土になりまた次に繋がるものですよね。
次に繋げるためにも大事にしなきゃなと思います。